佐藤浩市、実父で名優の三国連太郎激似で自虐「嫌な感じがして…」

映画・舞台 公開日:2019/02/02 8
この記事を
クリップ

俳優の佐藤浩市が2日、都内で行われた映画『赤い雪 Red Snow』公開記念舞台挨拶に、主演の永瀬正敏菜葉菜、共演の井浦新夏川結衣、甲斐さやか監督と参加した。

実際に起こった誘拐事件からインスパイアされ、“10年に1本の脚本”と絶賛を浴びた注目作。誘拐被害者の兄を演じた永瀬は、これが長編映画監督デビュー作の甲斐監督について「新しい日本映画、新しい才能の誕生の瞬間に立ち会えた。甲斐監督は物凄い温和だが、撮影中は自分の中でヴィジョンがあるので、ニコニコ可愛らしいながらも、ブレない引かない監督」と才能絶賛。




誘拐事件容疑者の娘役で、体当たり演技を披露した菜葉菜は「憧れの先輩方に囲まれて、プレッシャーもあり、自分の中の負のスイッチ全開。撮影中は孤独感が襲ってきて、一人でもがいていました」と大役への心境を告白しつつ「でも先輩方がそれぞれの形で見守ってくれて、支えてくれた。だから役として駆け抜けることができた」とベテラン勢に感謝しきりだった。

誘拐事件を追う記者役の井浦は「気づけば現場で若手をまとめる最年長になった中で、大先輩方に胸を借りる気持ちで、久々に夢中で芝居できた。僕が思い切りいってもいなされる大先輩方でしたが、そこで思い切りぶつかることができたのは幸せだった」と俳優としての原点に立ち返ったよう。佐藤の初日撮影をコッソリ見学したそうで「モニターに映った浩市さんの表情に背筋ゾクゾク。そりゃ殺されるわ…と。もう安心してこの人に殺されようと。それくらい浩市さんの笑みは怖かった」と佐藤の熱演に縮み上がっていた。

しかし当の佐藤は「正直あまり覚えてない」とはぐらかしつつ「灯油をまくために家を出る場面では、そこで息が切れてしまって」と苦笑い。今作で極悪人を演じる上で、コーヒーで歯を黄ばませるという役作りを行ったそうだが「完成品を観たときに、なんか嫌な感じがして…。何が嫌なのかと考えたら『これ、三国連太郎だ!』と。疑似三国連太郎になっていると、それが嫌でした」と自虐で笑わせた。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連記事

Md quf8cysmt9mpoupl4ow
蒼井優、ファンからの「おめでとう」に笑顔で「ありがとうございます」
映画・舞台 5
Md we794yjr4gp1u8csygd
三谷幸喜、ディーン・フジオカの起用理由は「ディーンっていう名前が面白い」
映画・舞台 33
Md g3mhav6mmfrztp364ju
石田ゆり子、三谷幸喜にまさかの直談判「私、わりと面白いんですけど」
映画・舞台 9
Md qa421y41kesk44dj8ef
綾野剛、怯えた目線の先に何が…「楽園」最新カットは不穏感漂う
映画・舞台 8
Md q7h1iolzptn1pj3zifd
岩田剛典、永瀬正敏撮影の写真集にメンバー驚き「こんなことやっているんだ」
芸能総合 9
Md rkvaaewy38x0yrtxmww
監督・オダギリジョーが手がける極上の“問題作”、場面写真&メイキング一挙解禁
映画・舞台 6
Md f0h19qqhmb5il0xaojx
岩田剛典 写真集『Spin』発売前重版決定、強い意志を象徴した表紙も公開
芸能総合 3
Md qr5k4a8t68vzaqeh95g
岡田准一「ザ・ファブル」ファンタジア国際映画祭で受賞、北村匠海も大興奮
映画・舞台 8