松坂桃李 “最も優しく最も強い”対照的な場面写真初解禁

映画・舞台 公開日:2019/02/02 7
この記事を
クリップ
}/

全著作の累計発行部数が6500万部を超える佐伯泰英の、最高傑作にして初の映画化作品で、“時代劇初主演”の松坂桃李、数々の大ヒット作品を生みだしてきた本木克英監督で贈る、映画「居眠り磐音」 が5月17日(金)より全国ロードショー。

この度、松坂桃李が演じる主人公・坂崎磐音の、と、が収められ場面写真2点が初解禁となった。




本作は シリーズとして多くの時代小説ファンの心を掴み、シリーズ累計発行部数2000万部を突破した佐伯泰英の名作「居眠り磐音」を原作とする本格時代劇エンターテインメント。主人公・坂崎磐音役には松坂桃李を迎え、木村文乃芳根京子柄本佑杉野遥亮佐々木蔵之介ピエール瀧陣内孝則谷原章介中村梅雀柄本明など、日本を代表する豪華俳優陣が大集結!2019年最も注目される日本映画の1本だ。

本作で松坂が演じるのは、 江戸で浪人暮らしをしながら、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う、坂崎磐音。普段は人情に厚く穏やかな人柄だが、大切な人を守る為には颯爽と悪を斬る役どころとなっている。この度解禁された場面写真は、物腰柔らかく、優しく穏やかに微笑む普段の磐音の姿と、鋭い目つきで悪に対峙する用心棒としての磐音の姿が収められた場面写真2枚で、優しさの中に強さを持った磐音の人柄が感じられる場面写真になっている。

江戸・深川で浪人暮らしとなった磐音が長屋で佇む場面写真では、物腰柔らかく、人を包み込むような表情を見せている。それとは対照的に、用心棒として悪に対峙する場面写真では、普段の温厚な磐音とは別人のような鬼気迫った表情を見せている。鋭い目つきで相手に剣を構える姿は緊迫感が漂っており、本作での見どころともなる“本格的な剣殺陣の迫力シーン”を期待させるビジュアルとなっている。


■「居眠り磐音
5月17日(金)全国公開
配給:松竹
©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

この記事の画像一覧