佐藤健主演「サムライマラソン」繊細な演技光るマラソンシーン解禁

映画・舞台 公開日:2019/02/01 8
この記事を
クリップ
}/

佐藤健小松菜奈森山未來染谷将太青木崇高竹中直人豊川悦司長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャストと、アカデミー賞受賞歴を持つ世界的スタッフの集結で話題沸騰。日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画「サムライマラソン」が2019年2月22日(金)に全国公開を迎える。

この度、豪華キャスト陣が集結した本編映像が解禁。“日本初のマラソン”のスタートシーンが到着した。

時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会のはずが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれてしまう。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出す―。

この度解禁されたのは、豪華キャストが勢ぞろいした遠足のスタートシーン。さまざまな思いを胸に“日本史上初のマラソン”とされる安政遠足に参加した藩士たちが、全力疾走する姿が映し出されている。




スタートラインに並ぶ藩士たちを見守る藩主・板倉勝明(長谷川博己)、迫りくる危機に気付き神妙な面持で走り出す幕府のスパイ・唐沢甚内(佐藤健)、絵描きになることを夢見て藩を抜け出すため男装して参加する勝明の娘・雪姫(小松菜奈)、雪姫との結婚のためにどんな手を使ってでも優勝しようとする傲慢な侍・辻村平九郎(森山未來)、「一着にならなければ金を渡す」と八百長を持ちかけられ葛藤する藩で一番の俊足の足軽・上杉広之進(染谷将太)、腰痛持ちながら遠足に参加した甚内の上司・植木義邦(青木崇高)、侍人生にもう一花咲かせるべく奮闘する老侍・栗田又衛門(竹中直人)―。

主役級の超豪華キャストが一堂に会し、それぞれワケありのキャラクターを演じながら走り続ける遠足シーンは必見。優勝したら金を得ることができないのに、走るのが楽しくてつい首位に躍り出てしまう八百長が頭によぎりつつも軽快なスタートダッシュをみせる上杉や、手下にそれ他の者を阻止させてでも常に先頭に立とうとする辻村、幕府の刺客の襲来を案じながらもクールな走りを見せる唐沢など、キャスト陣の繊細にして印象的な演技にも注目だ。

本作でメガホンをとったイギリス人監督のバーナード・ローズは、キャスティングに関して、演技に“伝える力”のある俳優を必須条件に設定。日本語を話さない外国人監督による撮影現場で必要な要素であったことはもちろん、今後海外の観客が鑑賞することも視野に入れ、日本語の微妙なニュアンスがわからずともストレートに届く映画として、グローバルな視点で制作されている。豪華実力派俳優陣、そしてプロデューサーのジェレミー・トーマス、音楽担当のフィリップ・グラス、衣装担当のワダエミらアカデミー賞受賞やノミネート経験を持つ一流スタッフが集い、世界へ発信する日本の新しい“サムライ映画”として完成した「サムライマラソン」。平成最後の幕末エンタテインメントに期待しよう。


■映画「サムライマラソン
2019年2月22日(金)に全国公開
配給:ギャガ

©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON


この記事の画像一覧