次世代ジャニーズJr.が大集結、サプライズパフォーマンスに黄色い歓声

映画・舞台 公開日:2019/01/30 10
この記事を
クリップ
}/

ジャニー喜多川氏が製作総指揮を務める映画「少年たち」(3月29日公開)の完成披露試写会が30日、TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、SixTONESSnow Manなにわ男子関西ジャニーズJr.ら次世代のジャニーズを担う東西のジャニーズJr.が大集結した。

1969年に初演された舞台「少年たち」の初となる映像作品。心に深い傷を負い、それぞれの事情を抱えて少年刑務所たちに収監された少年たちを描く。舞台「少年たち」はジャニー氏が企画・構成などを手がけており、初演からこれまでキャストを代えながらコンスタントに上演されてきたジャニーズ伝統の人気作品となる。


SixTONESジェシーは「ジャニーさんの舞台作品が映画になるのは初めてのことなのでとてもうれしく思い、僕たちが(キャストに)選ばれたことにも感謝している」としみじみで、「ジャニーズのすばらしさが詰まっている。CDデビューしなくても、こうして作品ができることがうれしい」とにっこり。Snow Man岩本照は「ジャニーさんの愛がたくさん詰まっている作品。色んな世代に愛される作品になってくれればいい」、なにわ男子西畑大吾は「老若男女に愛される作品になる。拡散していただければ」と胸を張ってアピールした。

映画には、先輩グルーブにあたる関ジャニ∞横山裕A.B.C-Z戸塚祥太も出演。戸塚との共演シーンが多かった京本大我は「戸塚くんのあの穏やかな優しい雰囲気に包まれてとてもやりやすかった」と回想。また高地優吾が、劇中で足を引きずる役を演じた横山に対し「足は大丈夫ですか?」と本気で足を案じてしまったことを暴露されると、メンバーたちから「いやいや役!」と総ツッコミを受けていた。

この日はファンにサプライズでライブパフォーマンスが披露された。5 忍者、少年忍者が現れ、『君にこの歌を』のイントロが流れると会場の1500人は大喜び。続けて各グルーブが順番にステージに上がり、ダンスと歌で魅了した。舞台挨拶後には「延長いっちゃう!?」と別れを惜しむファンの声に応え全員で『勇気100%』を熱唱し、締めくくった。




■本日の登壇者一覧

SixTONESジェシー京本大我高地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)

Snow Man岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大輔)

西畑大吾なにわ男子)、向井康二、室龍太、正門良規、小島健(関西ジャニーズJr.

宮近海斗(Travis Japan)、中村嶺亜(7MEN 侍)

HiHi Jets、美 少年、5 忍者、少年忍者、ジャニーズJr.、研究生/本木克英監督


■ライブパフォーマンスセットリスト

1:君にこの歌を

2:若者たち

3:TAP~ABC

4:INST(HiHi Jetsローラー)

5:僕らはMysterious

6:HiB HiB Dream

7:JAPONICA STYLE

8:VI Guys Snow Man

9:Happy

10:夢のHollywood×SAMURAI

11:Day Breaker

12:勇気100%


この記事の画像一覧