高橋一生「嘘ついてばっかり」「2~3年前に戻って声かけたい人いる」ミステリアス発言連発

映画・舞台 公開日:2019/01/30 11
この記事を
クリップ

“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位に選ばれた「九月の恋と出会うまで」。同名小説を、高橋一生川口春奈が初共演にしてW主演で映画化。時空を超える一途な思いと切ない嘘に涙する大人のラブストーリー。本日、乃木神社で映画のヒット祈願と特大絵馬の奉納が行われ、主演の二人が出席した。




初共演ということで、お互いの印象を尋ねられると「(川口さんは)すごくチャーミングでコミカル…多くは言えませんけど」と含み笑いの高橋。川口は「とにかく優しい。印象に関して意外という感覚はなくて、ほんとにそのままでした。優しいお兄さんで、いつも相手してもらってます」と明かした。


映画の内容にかけて、これまでに大切な人に嘘をついたことがあるか問われると、高橋は「嘘ついてばっかりだと思いますよ」とビックリ発言。しかし「ほんとに日常的に、嫌だと思うことも嫌といわないとか」とどうやら彼なりの優しい気遣いからきているよう。また、タイムリープできるなら「2~3年前に戻って、とても声をかけたい人がいる」とまたも衝撃コメント。「ここでは深く言えないですけど…、もしかしたら自分かもしれないし」と含みを持たせた発言で煙に巻いていた。そんな高橋とは対照的に川口は「特にないです」ときっぱり。

最後は特大絵馬にそれぞれ「出会った人たちが一人でも多く笑っていられますように(高橋)」「縁(川口)」と書き入れ、映画のヒットを祈願した。なお、映画は3月1日(金)から全国公開。


©松尾由美/双葉社 ©2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員

この記事の画像一覧 (全 14件)