現役高校生シンガーみゆな、=LOVE 齊藤なぎさ初主演映画主題歌に抜擢

映画・舞台 公開日:2019/01/25 17
この記事を
クリップ

アイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)のメンバー齊藤なぎさが映画初主演することで話題となっている2019年5月以降に劇場公開予定の映画「ナツヨゾラ」。

この映画の主題歌を宮崎県在住の現役高校生シンガー・みゆなが担当することがわかった。本作の主題歌は本編の脚本をもとに、みゆな自身が書き下ろした完全新作の楽曲となる。




 みゆなは、2019年2月6日に自身初となるミニアルバム『眼』の発売が決定しており、アニメ主題歌となった『ガムシャラ』『天上天下』をはじめ、自身が初めて作詞作曲した『ふわふわ』など全5曲が収録される。ジャケットデザインは自身のSNS(Instagram)でアップした画像からインスピレーションを受けて出来上がったデザインとなり、新たな才能を感じさせる作品に仕上がっている。

同作は2019年2月度《邦楽編》タワレコメンに選出されるなど、今最も期待感のある新人女性シンガーといえよう。2月8日からは各配信サイトおよびサブスクリプションにてデジタル配信も開始されるほか、同日より、地元でもある宮崎でのリリースイベントを皮切りに日本各地でのインストアイベントも実施される。

 2018年夏より本格的に音楽活動をスタートし、インディーズバンドの音楽配信サイトEggs(https://eggs.mu/artist/miyuna )にてデモ音源を初投稿して以来、新曲音源が公開されるたびにサイト内チャートでランキング1位を獲得するなど脅威の成長をみせている新人シンガー“みゆな”。

メジャーデビュー前としては異例の、テレビアニメ「ブラッククローバー」第5クールオープニング&エンディングテーマを担当。同アニメのオープニングテーマ「ガムシャラ」は、自身初となったミュージックビデオが YouTubeにて20万回再生を突破、サブスクリプションでも100万回再生を突破するなど、耳に残って離れない歌声が幅広い層のユーザーを魅了している。

 2月8日からのインストアイベントではミニライブも予定されているとのことで、この機会に彼女の生歌を体感してみていかがだろうか。

 

 

 

【映画情報】

タイトル『ナツヨゾラ』

主演:齊藤なぎさ(=LOVE)

主題歌:みゆな

出演:琉弥(M!LK)、萩原護、岩佐真悠子、荒井敦史

監督・脚本:向井宗敏(「風のたより」新木優子・大杉漣ほか)

共同脚本:三谷伸太朗(ガールフレンド(仮)ほか)

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)