北山宏光、トラ猫が憑依したキュートな新カット&30秒映像解禁

映画・舞台 公開日:2019/01/24 10
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2北山宏光が映画初出演にして初主演を飾る「トラさん~僕が猫になったワケ~」(2月15日(金)全国公開・配給:ショウゲート)の感涙必至の30秒映像とキュートな新カットが公開された。




ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)を実写映画化。主演の北山ほか、多部未華子平澤宏々路飯豊まりえ富山えり子要潤、そしてバカリズムと、個性豊かなキャストが出演する。

先日には、本作の新予告映像が公開され、SNS上では「トラさんの可愛さにキュンとした!」「予告編を観て涙。映画館で号泣する予感しかしない」「予想以上に感動するやつ…」といった期待の声が高まり、現在話題沸騰中。本作のプロモーションで北山が表紙を飾る雑誌も、次々と売り切れる書店や通販サイトが続出、重版がかかるなど、その様子からも反響の高さがうかがえる。

公開まで1か月を切り、ますます盛り上がりを見せる中、30秒映像が解禁となった。売れないマンガ家の高畑寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」。トラ猫の姿で奈津子と娘・実優(平澤)のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。限られた時間の中で、トラさん=寿々男は、家族に何ができるのか―?猫になったからこそ初めて気づく、家族の本当の気持ち―。公開となった映像は<愛する家族に残したいモノ>のために走り出す寿々男の姿を、Kis-My-Ft2が歌う主題歌『君を大好きだ』(2月6日リリース)に乗せて映し出し、切なくも心温まる物語がもたらす、感動的な奇跡を予感させる。

さらに、“トラさん”が憑依した北山の熱演光る、キュートな新カットも併せてお披露目となった。公開となったのは、娘の実優に猫じゃらしを振られた寿々男=トラさんが、不服そうにしながらも、渋々“飼い猫”として遊びに付き合う姿を捉えた微笑ましい一枚。

猫役を演じるにあたり、昔買っていた猫のしぐさを思い返し、猫の動画を見て動きを研究、さらには猫が二足歩行で歩けたとしたらどうなるかイメージを膨らませるなどして、独自の役作りで挑んだ北山。劇中では監督の原案をもとにブラッシュアップし制作された“ふわふわの猫スーツ”を身にまとい、キュートな姿をスクリーンいっぱいに表現している。既に“トラ猫姿”の北山は「猫の北山くんがただただ可愛くて困る……」「こんな猫がいたら絶対飼いたい」などの声が続出、大反響だ。北山の“猫姿”は撮影現場でも大人気で、「みんながやさしくかわいがってくれた」という。多部や平澤、白猫・ホワイテストを演じた飯豊まりえら共演者も、見た目の可愛さはもちろん、トラさんが放つほのぼのとした空気感を大絶賛していた。

「大切な人と過ごす毎日が一番の奇跡」と心に刻む、この冬最高の感動作「トラさん~僕が猫になったワケ~」は、2月15日(金)より全国ロードショー。


■「トラさん~僕が猫になったワケ~
2019年2月15日(金)全国公開
配給:ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会