山田孝之、秋田凱旋! 映画「デイアンドナイト」 サプライズゲストに齊藤工が駆けつける

映画・舞台 公開日:2019/01/21 11
この記事を
クリップ


山田孝之が裏方に徹し、初めて全面プロデュースを行うなど作品の製作過程において初めてのことばかりだった同プロジェクトについて藤井監督は、「いつも思う事で何か新しいことって考えることだけじゃ前に進まなくて、なんでもいいからやってみることが大事。そして、皆さまの前に『ありがとうございました』と言いに来られたことが挑戦したからこそのご褒美だと思っています」と充実の表情。


つづいて安藤は、「愛する役者である孝之から出演依頼を受けて彼が初めて挑戦することに自分の持っているものをぶつけてやろうというふうに思った」と出演理由を述懐。それを受け山田は「本当に大変なことがたくさんあったのですが、みなさんと一丸となって作ることができたのでとても楽しかったですし、色々なことが学ぶこともできました。ですので、こういう背中を後輩たちに見せていってみんなもどんどん努力して悔しい思いをしながら映画を作っていってくれたらと期待しています」と笑顔をみせた。


そんな山田の映画作りに対する姿勢について齊藤は「山田プロデューサーはこの作品の仕上がりのことを最優先して、スタッフ・キャストが気持ちよく仕事できるようにするということから皆さまに届けるまでを徹底している素晴らしいプロデューサーだと思います」とその手腕ぶりを絶賛。


イベントの最後に撮影現場も手伝った本作を応援する地元の方々から登壇メンバーへ花束が贈られると会場からは温かな拍手が。藤井監督は「この映画がこの先10年、20年とたくさんの方に観ていただけるように僕たちも努力していきます。みなさまも自分たちの町でこの映画を作ったという事に誇りをもって広めていってほしいと思います」といえば、続けて阿部は「5年前くらいに藤井君と一緒に映画を作ろうと話し、孝之と3人で脚本を作り始めました。この日を迎えられてよかったです。秋田のみなさんにご協力いただいたおかけで完成した作品なので、『自分たちの映画だよ』と言ってほしいです。そして、誇れる映画になったと皆さんが思ってくださると嬉しいです」と感謝を述べるとさらに会場からは大きな拍手と歓声に包まれ、イベントは幕を閉じた。


■出演/

阿部進之介 安藤政信 清原果耶 田中哲司 他

■企画/阿部進之介

■プロデューサー/山田孝之・伊藤主税・岩崎雅公

■監督/藤井道人

■脚本/藤井道人・小寺和久・山田孝之

■制作プロダクション/and pictures inc.

■制作協力/プラスディー・BABEL LABEL

■配給/日活

■コピーライト/©2019「デイアンドナイト」製作委員会

2/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)