川口春奈の発言に高橋一生照れ笑い、W主演映画特別映像が初解禁

映画・舞台 公開日:2019/01/21 13
この記事を
クリップ

映画「九月の恋と出会うまで」の本編とメイキング映像を収録した特別映像が初解禁となった。




松尾由美による“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた小説「九月の恋と出会うまで」。タイムリープとラブストーリーを織り交ぜた独特の世界観が高く評価され、感涙必至のロングセラーとして愛され続ける同名小説が、映画「九月の恋と出会うまで」として3月1日(金)に全国公開となる。

時を超えて届く一途な想いと切ないウソに涙する大人のラブストーリーの主人公を演じるのは、本作が初共演となる高橋一生川口春奈。高橋は本作で「恋愛映画初主演」を果たし、少し風変わりでありつつも、心の奥では深く一途に志織を想う小説家志望の平野という複雑な役どころを熱演している。映画・ドラマ・CMで幅広く活躍する川口は、“未来からの声”に翻弄されつつ自分らしく想いを貫こうとする志織をみずみずしく演じている。実力派俳優のW主演による、一途な想いと切ないウソに涙する、365日の<奇跡>の恋の物語が誕生した。

この度、劇中で平野と志織の距離が縮まる重要なシーンとして登場する、美しく舞うシャボン玉に囲まれる本編映像とシャボン玉で無邪気に遊ぶ二人のメイキング映像が初解禁となり、二人が本作への想いを語るインタビューも収められた特別映像が解禁となった。

解禁された本編シーンでは、お互いのことを気になり出している平野と志織が“未来からの声”の正体を探し出すため志織の通っていた大学に向かい、そこで美しいシャボン玉に囲まれる映像。オーケストラに乗せて青空に飛び立つシャボン玉を見て自然と笑顔になる二人の様子は、見ているこちらも自然と笑顔になってしまうほど優しい時間が流れており、今後の二人の関係性がより気になる重要なシーンとなっている。また、メイキング映像ではシャボン玉で無邪気に大はしゃぎする姿や、劇中同様にカメラのシャッターを切る川口の姿が映し出されており、二人の仲の良さや現場の楽しい雰囲気が伝わってくる映像となっている。

また、高橋と川口による本作への想いを語るインタビューでは、「人が人を想うことはファンタジックなことだと思う。そこの部分を上手くお芝居出来ればと思います。」と恋愛映画初主演とのこともあり並々ならぬ想いを語る高橋の姿に、「一生さんとずっと一緒にお仕事をしたいと思っていた」と明かす川口の姿も。川口の発言について高橋が「今初めて聞きました」と照れながら笑いを誘う姿などが収められている。

高橋と川口が体現する、切なくも愛おしい時空を超えたラブストーリーの行方に注目しよう。


■映画「九月の恋と出会うまで
2019年3月1日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員