真田丸の草刈正雄が不器用な主夫に!?木村文乃共演「体操しようよ」がBlu-ray&DVDに

映画・舞台 公開日:2019/01/18 11
この記事を
クリップ
}/

「ラジオ体操」をテーマに、草刈正雄木村文乃が贈る感動作「体操しようよ」のBlu-ray&DVDが5月10日(金)に発売決定。





NHK大河ドラマ「真田丸」では、豪快でお茶目な戦国武将、 真田昌幸役でお茶の間を沸かせ、 国民的大スターとして再ブレイクした草刈正雄。 待望の主演作は“定年お父さん”役。 シングルファーザー道太郎は定年退職した日、娘からまさかの“親離れ”を宣言をされる。ラジオ体操会を通じて「地域デビュー」「はじめての家事」と奮闘する。はたして父は愛する娘の思いに応えられるのか…。同作では、草刈は不器用だが一生懸命な主人公の道太郎をチャーミングに演じ、新境地を見せている。


父の生活を案じるしっかり者の娘には、「羊の木」「伊藤くんAtoE」など出演作が引きも切らない木村文乃。道太郎を地元の輪に引き込むラジオ体操会会長は、名バイプレイヤーのきたろう。 便利屋の同僚の薫には、「黒猫チェルシー」ボーカルとして活躍していた傍ら、「寝ても覚めても」「ここは退屈迎えに来て」などの作品に出演し、活躍の場を広げる渡辺大知。道太郎が淡い恋を抱くマドンナに演技派女優・和久井映見。 その他、余貴美子小松政夫平泉成といった個性派のベテランたちが物語に彩を添えている。


誰でもどこでも体ひとつでできる「ラジオ体操」は、 健康維持や地域コミュニティの活性化に役立つということで近年さらに注目が集まっている。 人生100年時代構想が掲げられ、 定年退職後の第2の人生をどう生きるかという社会の大きな関心事を、同作では「ラジオ体操」を通して描いている。


【ストーリー】

38年間無遅刻無欠勤、真面目だけが取り柄の会社員・佐野道太郎(草刈正雄)。 18年前に妻を亡くし、しっかり者の娘・弓子(木村文乃)と2人暮らし。定年退職後「これからは自由に生きるぞ!」と意気込むものの、実際には何をしていいのか途方にくれ、しかも一人娘の弓子から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」と宣言され家事担当に。ある日地元のラジオ体操会に参加したことで人生の風向きがかわっていく。体操会のマドンナのぞみ(和久井映見)に胸ときめかせ、彼女からの紹介でラジオ体操会会長の神田(きたろう)が営む便利屋の仕事を得て、年下の同僚で天文マニアの馬場薫(渡辺大知)と、地域の人々の様々な依頼を不器用ながらも取り組むことに。何事にも一生懸命だけど不器用な道太郎が、 周囲から叱咤激励されながら人生を謳歌していく。


【キャスト&スタッフ】

出演:草刈正雄木村文乃きたろう渡辺大知和久井映見

監督:菊地健雄 「ハローグッバイ」

脚本:和田清人、 春藤忠温原作:「体操しようよ」 RCサクセション(ユニバーサルミュージック)


 (C) 2018「体操しようよ」製作委員会

この記事の画像一覧