映画『刀剣乱舞』出陣、鈴木拡樹 荒牧慶彦ら8人が鏡開き「はじめよう」

映画・舞台 公開日:2019/01/18 11
この記事を
クリップ
}/

映画「刀剣乱舞」(1月18日公開)の初日舞台挨拶が18日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、三日月宗近役の鈴木拡樹、山姥切国広役の荒牧慶彦、薬研藤四郎役の北村諒、へし切長谷部役の和田雅成、日本号役の岩永洋昭、骨喰藤四郎役の定本楓馬、不動行光役の椎名鯛造、鶯丸役の廣瀬智紀、メガホンをとった耶雲哉治監督が出席した。

これまでアニメ・舞台・ミュージカルなどさまざまなメディアミックスを成功させたゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の初となる実写映画化。名だたる刀剣を擬人化させた“刀剣男士”が歴史修正主義から正しい歴史を守るために奮闘する姿を描く。映画の舞台は本能寺で、任務は「織田信長の暗殺」。本来の歴史を残すために三日月宗近らが戦場へと赴く。

撮影から約1年。いよいよ映画の“出陣”となった。荒牧は「いよいよ公開を迎えることができた。これもひとえに刀剣乱舞を愛してくれて応援してくれたおかげ」と感謝。和田は「この日を待ち望んでいた。1月18日、この日は長谷部にとっても大切な日だなと思っていた。今日はログインいただいてありがとうございます!」サッカー日本代表の長谷部選手の誕生日。ツイッターでトレンドに『長谷部の日』ってトレンドに上がってて1人で喜んでいた」と語った。

撮影現場は座長である鈴木の気配りが光った、和気あいあいとした雰囲気。北村は「タイトなスケジュールの中で撮っていたので記憶がなくなりかけているんですよ。でも楽しかったなという記憶がある。その空気感が忘れられない。あたたかい現場だったので、それがうまく作品に出ていればいい」。和田は「日本号役の洋さんと食べたラーメンの味が忘れられなくて…」と語ると、岩永は「食べたっけ?」ととぼけて笑わせた。

映画からの参戦となった廣瀬も「本当に楽しかったという記憶が強い。撮影期間に関係性を築き上げられて、“3人集まればかしまし娘”みたいな感じで笑いの絶えない現場だった」と独特な表現で振り返り、続けて「新たな作品、続編が作られれば、またこのチームワークを見られるかなとウキウキわくわくします」と続編への期待ものぞかせた。




初日を祝し、舞台挨拶では8人のキャストと監督で大ヒットを願っての鏡開きを行った。その後全員で甘酒を飲み、初日をお祝い。鈴木は「たくさんの方に観ていただきたい。映画はもう撮り終えましたが、ここからもっと成長するためには観ていただいて愛をもっていただいて育てていく必要がある。観た方同士で会話をして世界観を広げてください」とファンに呼びかけ、最後は「映画刀剣乱舞、はじめよう!」とゲームのログインボイスで締めくくった。