北山宏光の“猫姿”に泣かされる…「トラさん」本予告解禁

映画・舞台 公開日:2019/01/18 3
この記事を
クリップ

ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)が、まさかの実写映画化。Kis-My-Ft2北山宏光が映画初出演にして初主演を飾り、多部未華子平澤宏々路飯豊まりえ富山えり子要潤、そしてバカリズムと、個性豊かなキャスト陣が集結。「トラさん~僕が猫になったワケ~」として、“猫の日”を翌週に控えた2月15日(金)に全国公開となる。

この度、映画化発表時から大反響を巻き起こしている、北山宏光の<トラさん=猫姿>をたっぷりと収録した、待望の本予告映像と、新ビジュアルが遂に解禁となった。




売れないマンガ家の高畑寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」。トラ猫の姿で奈津子と娘・実優(平澤)のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。限られた時間の中で、トラさん=寿々男は、家族に何ができるのか―?

公開された映像では、これまでほぼベールに包まれていた、北山扮する<猫=トラさん>の愛らしい姿が凝縮。現世に戻ってきた直後は、猫になった自分を見て「猫、最悪…」と嫌がっていた寿々男だったが、無事実優に拾われ「猫のトラさん」として、愛する奈津子と実優とまた家族で暮らせることに!奈津子や実優とじゃれ合いながら、楽しく気楽な猫ライフを満喫する寿々男。しかし、奈津子が突然倒れた時、実優が悩み落ち込んでいるとき、猫だと言葉さえ通じず、自分の無力さを思い知ることに…。さらには、奈津子と実優が号泣する姿を目の当たりにし、猫になったからこそ初めて気づいた家族の本当の想い―――寿々男=トラさんは、過去の自分を見つめ直し、家族と過ごす残り少ない時間の中で、自分が何を残せるのかを考えていくーー。

映像には、愛くるしい仕草や表情など、まさに猫に完全憑依した北山の熱演はもちろん、母親役として新たな魅力を見せる多部、“あの世の関所”の裁判長を演じたバカリズムや、寿々男の同期のカリスマ漫画家・浦上役の要潤らと北山のコミカルなやりとりなどが満載。また今回初披露となった、飯豊まりえ扮する“トラさん”の良き理解者であるお嬢様猫・ホワイテストの姿も必見。

作詞に藤井フミヤ、編曲に亀田誠治という強力タッグを迎えた、Kis-My-Ft2が歌う主題歌『君を大好きだ』も、寿々男=トラさんの伝えきれなかった想いを綴っているかのような切なく温かい歌詞が、一層「トラさん」の世界観を彩っている。

ポスタービジュアルは、「トラさん」(北山)の猫らしく可愛らしいカットとともに、小さなコタツに仲睦まじく入る寿々男、奈津子、実優、高畑家3人の笑顔が、“家族の温もり”を感じさせるビジュアル。キャッチコピー<こんな姿、だけど、この冬最高の感動作>の通り、北山が猫になっている斬新なビジュアルとストレートなメッセージが、誰も見たことがない愛のカタチを描く本作の世界を表現している。

公開に先駆け実施されているマスコミ関係者向けの試写会でも、本作で描かれる切なくも温かな家族の物語に「まさか、このビジュアルに、泣かされるとは・・・」と感涙の声が続出。「大切な人と過ごせる毎日が、この世で一番の奇跡」と心に刻む、この冬最高の感動作「トラさん~僕が猫になったワケ~」は2月15日(金)より全国公開。


■「トラさん~僕が猫になったワケ~
2019年2月15日(金)全国ロードショー
配給:ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会