「十二人の死にたい子どもたち」“13人目”の死体は、存在自体が謎

映画・舞台 公開日:2019/01/11 5
この記事を
クリップ

「天地明察」、「マルドゥック・スクランブル」のベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)原作で、第156回直木賞にも候補作となり話題となった冲方自身初となる現代サスペンスの傑作 「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋刊)が実写映画化。2019年、1月25日(金)に全国公開となる。




去る8月の段階で明かされた製作情報と共に舞い込んできたのは、出演者全員の顔が塗りつぶされたポスタービジュアルと、正体不明の若者たちが「死にたい」と零し連なる衝撃的な映像。ネットでは即座にキャスト予想が始まり、異様な盛り上がりを見せていた。晴れて先日11月にキャスト情報が明らかとなると、解禁と同タイミングでワーナーブラザースジャパン公式Twitterに投稿された特報映像の再生数は瞬く間に600万回(24時間)を突破し、銀魂、ファンタビを超え、2018年ワーナー作品におけるNo.1の再生数を記録(ワーナー調べ)、公式Youtubeにアップされた新たな予告編は100万再生(24時間)を超える大反響となった。

出演するのは2018年の日本映画界をことごとく席巻した杉咲花新田真剣佑北村匠海高杉真宙黒島結菜橋本環奈ら若手超オールスターキャスト6人と、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「SPEC」シリーズで数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤幸彦監督にオーディションで選ばれた吉川愛萩原利久渕野右登坂東龍汰古川琴音竹内愛紗ら将来の活躍が期待される俳優6人。“全員平成生まれ“今注目の気鋭の俳優12人が凄まじい才能を惜しみなく披露し、”これぞ演技バトルの真骨頂“という熱演を繰り広げる。

“十三人目”=死体役をモデルや俳優として活躍中の “とまん”が演じていることが明らかとなった。安楽死を求め廃病院の密室に集まった十二人の未成年たちの前に立ちはだかる、ルール違反の“十三人目”=死体。“彼は誰なのか?”・“なぜ死んでいるのか?”・“自殺なのか他殺なのか”…死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく・・・。彼の存在は“謎”そのものであり、本作で描かれる“密室サスペンス”の柱という重要な役割を果たす。

映画公開を記念して十三人目の死体役“生”実演を開催することが発表された。1月19日に新宿ピカデリーの1Fエントランスにて開催。“生”実演ということで、なんと、とまん自らが登場し、十三人目の死体役として登場する。


■「十二人の死にたい子どもたち
1月25日(金)全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会