渡辺謙&ケリー・オハラW主演 「王様と私」貴重な日本公演が決定

映画・舞台 公開日:2018/12/28 3
この記事を
クリップ
}/

2015年、王様役を世界で活躍する渡辺謙、アンナ役を“誰もが認めるブロードウェイの女王”(サンデー・タイムズ)ケリー・オハラが演じて話題となった、リンカーン・センターシアタープロダクション ミュージカル「王様と私」。2019年7~8月上旬、東急シアターオーブにて同公演(英語上演)が上演されることが決定。





「サウンド・オブ・ミュージック」「南太平洋」などで知られるリチャード・ロジャース(作曲)&オスカー・ハマースタインⅡ(作)のコンビが手掛け、「Shall We Dance」など誰もが知るクラシックで美しいナンバーに溢れた同作。


1951年に初演、翌年、米演劇界の最高の栄誉であるトニー賞で最優秀作品賞を含む4部門を受賞したミュージカル黄金時代の傑作中の傑作だ。1956年の映画版では、ユル・ブリンナーがアカデミー賞主演男優賞に輝き、その後もリバイバル上演が何度も重ねられ、1996年にはトニー賞リバイバル作品賞を受賞している名作ミュージカル。


 2015年、米ニューヨークのリンカーン・センターにてバートレット・シャー演出によりブロードウェイ19年ぶりのリバイバル上演が実現。王様役を世界で活躍する渡辺謙、アンナ役を“誰もが認めるブロードウェイの女王”(サンデー・タイムズ)ケリー・オハラが演じ、オハラは圧倒的な歌唱力と演技力で同年のトニー賞ミュージカル部門の最優秀主演女優賞を受賞、渡辺は日本人初の最優秀主演男優賞にノミネートされた。


伝統継承と近代化の間で葛藤し奮闘する王様を見事に演じ切り、ブロードウェイで話題に。その後、今年の6~9月まで英ロンドン・ウエストエンドにて同じく渡辺謙ケリー・オハラが主演。目の肥えたウエストエンドの観客にも高評価で、連日満員のスタンディングオベーションで盛り上がりを見せた。


そんなミュージカルの本場2都市で大成功を収めた同作が、クオリティそのままに千載一遇の来日を果たす。ウエストエンドの舞台セットをそのまま東京へ持ってくる壮観で豪華なスペクタクル。唯一無二のカリスマ性とユーモア溢れる渡辺謙、ブロードウェイの頂点を誇りながらもチャーミングなケリー・オハラの競演は、日本ではもう二度と実現しないと言っても過言ではない、特別な限定公演になりそうだ。


渡辺謙は同公演に向けて「“王様と私”この素晴らしいカンパニーと演出、何よりもブロードウェイの歌姫ケリー・オハラを日本の観客にご覧頂けるのが楽しみです。不朽の名作をお楽しみ下さい」とコメントを寄せている。

Photos by Matthew Murphy The London Palladium Production

この記事の画像一覧