山田孝之、清原果耶への“差し入れ”に共演者からツッコミ「また?」

映画・舞台 公開日:2018/12/13 11
この記事を
クリップ

俳優の山田孝之が初プロデュースした映画「デイアンドナイト」(2019年1月26日公開)完成披露試写会が13日、都内で行われ、出演者の阿部進之介安藤政信清原果耶田中哲司、メガホンをとった藤井道人監督、そして山田が登壇した。

「人間の善と悪」をテーマとした完全オリジナル作品。家族の命が奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちを描く。キャスト陣の中で唯一オーディションで役を射止めた清原は、児童養護施設で生活する奈々を好演している。「現場に入ってからもなかなか役が掴みきれなくて。これでいいのかなという不安を持ち合わせながら撮影が進んでいった」と振り返る清原。「私を不安にさせない現場の雰囲気に支えてもらった」とチームに感謝した。




同映画の主題歌はロックバンド・RADWIMPS野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュースを担当。歌唱は、役名の“大野奈々”名義で清原が担うことが発表されたばかりだ。タイトルは『気まぐれ雲』。清原は「奈々のこれからの願いが詰まっている歌詞だ」と説明を受けたという。

レコーディングについて聞かれると「思い出せる(奈々の)感覚を頼りに歌わせてもらった。ただ、すごく緊張しました」と照れ笑い。歌うことは大好きだが「私だけが持ってた世界観だけでは通用しないと痛いくらい実感した。主題歌という立ち位置を担うことに正直、実感がわいていない。けど、少なくともこの作品の力になれたらいい」と語った。

山田プロデューサーは清原が歌うことに「不安はなかった。すごいいい声なので」と信頼を寄せていた。続けて「緊張していると聞きつけたのでスーパーで差し入れを買っていきました」と明かした。差し入れは「芋ようかん」。これまで何度も芋ようかんを差し入れているようで、ほかの共演者から「また?」というツッコミの声が。山田は「好きだって聞いたら、ずっと(差し入れは)芋ようかん」と淡々を答え、観客を笑わせていた。

この記事の画像一覧 (全 13件)