斎藤工、永野のマイクハプニングに会場大盛り上がり

映画・舞台 公開日:2018/12/13 8
この記事を
クリップ

12月12日に新木場 STUDIO COASTにて行われたSWAY初のワンマンライブにて、斎藤工永野がサプライズ登壇し、映画『MANRIKI』へのSWAY出演の発表とともに、SWAY、斎藤工永野による映画に関するトークを行った。

映画『MANRIKI』は、俳優・フィルムメーカーとマルチに活躍する斎藤工が芸人・永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキ、CMや金子のMVを手掛ける清水康彦とともに 映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」を結成し放たれる長編第一弾作品となる。




「チーム万力」としては、今年の国際短編映画祭・ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)2018において、完全自主制作のショートフィルム3作品を披露し、本作は長編第一弾作品となる。本作では、齊藤工と永野が企画・プロデュースを行い、永野が原作・脚本・出演、斎藤工が主演、金子ノブアキが出演・音楽監督、清水康彦がメガホンを握る。そして、DOBERMAN INFINITYのメンバーであり、俳優、そしてアーティストとして精力的に活動をしているSWAYが本作に出演していることもあり、本人たちのアイデアから、SWAYのライブにサプライズで登場し、SWAY出演をその場で発表しよう、という企画が始動した。

イベントではアンコールが1曲終わったところで、サイレンが鳴り響き、スクリーンで初お披露目となる本作のスペシャル特報映像が上映され、サプライズゲストとして斎藤工永野が登壇した。

本作のスペシャル特報がステージスクリーンに上映されると、SWAYファンから、「え!?何!?」とどよめきの声があがり、SWAYのシーンが映ると大歓声が巻き起こった。そして約2分のスペシャル特報のあと、SWAYが登場し、「来年「MANRIKI」という映画が公開されますが、出演させていただいたくことになりました!」と発表すると会場から「おめでとう!」と大歓声が巻き起こった。「そして、今日はなんと、斎藤工さんと永野さんにお越しいただいてます!」と斎藤工永野の二人を呼び込むと、サプライズゲストの登場に会場大歓声が巻き起こった。

<以下、トーク>
永野、斎藤「SWAYさん、初ワンマンライブおめでとうございます!」

永野「少し(ライブを)観させていただいたのですが、カッコよすぎる!最高!そしてお客さんも最高!」

永野「今までリリースされたやつ全部買う!」

斎藤「持ってなかったですか!?」

永野「でもぐっときました、最高でした」

(会場の歓声に)
永野「YO!YO!YO!YO!髪型吉田羊!」(会場爆笑)

SWAY「永野さん、どこかでマイクを口にぶつけて血出てますよ!」(会場爆笑)

永野「そうなんですよ。さっき登場するときに口にマイクぶつけちゃって・・・」(会場爆笑)

斎藤「持ちネタで!」(会場爆笑)

SWAY「マイク持ち慣れないですね。」

永野「ごめんなさいね、はい、続けて下さい」(会場爆笑)

斎藤「違いますよ、MANRIKIですよ。」

斎藤「MANRIKI、SWAYさんにご協力いただいて。昨日、出来立てホヤホヤのものを見たんですけど、いやもうね、とんでもない作品です。やっぱり日本はコンプライアンスがかかっちゃうんで、やっちゃいけないこと、できない表現、たくさんあるんですけど、それを全部ぶち破って映画を作ろうというプロジェクトなんですけど、それを来年みなさんにお届けできると思います。新しいSWAYさんを必ず見れると思います。」

SWAY「はい、もうめちゃめちゃ挑戦させていただいた作品です」

永野「自分も見たんですけど、めちゃくちゃ面白い!そして(SWAYさんを指差して)むちゃくちゃカッコいい! ぜひ楽しみにしててください!」

永野「究極のコメディです。そして、究極にカッコいい映画ですので、MANRIKI宜しくお願いします!」

最後に本日オープンとなったインスタの紹介があり、終始、大歓声と爆笑に盛り上がったサプライズ登壇となった。そして本日、スペシャル特報映像が初お披露目され、公式サイト、公式インスタグラムも同時にオープンとなりました。映画は2019年公開となる。


©2019 MANRIKI Film Partners