「まんぷく」で話題の岡崎体育、映画初挑戦で斎藤工を翻弄

映画・舞台 公開日:2018/12/12 9
この記事を
クリップ

2019年4月5日(金)全国公開となる映画「麻雀放浪記2020」。不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化される。

主演は、映画版「麻雀放浪記」を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。斎藤は10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現。1945年から2020年へとタイムスリップしたギャンブラー”坊や哲“を熱演する。そして、メガホンを執るのは「凶悪」(13)、「孤狼の血」(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナー、白石和彌が監督を務める。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、そのスピリットを受け継ぎながら、設定もキャラクターも大胆にアレンジ。原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生する。




今回、映画完全オリジナルキャラクター「ドク」役に岡崎体育がキャスティングされていることが解禁となった。2020年、新たな「戦後」、東京オリンピックが中止の“未来”。主人公・坊や哲を拾って面倒を見ることにした地下アイドル・ドテ子。そのドテ子の熱烈なファンであるドクを、岡崎体育が演じる。

現在放送中の「まんぷく」(NHKテレビ小説)で、12月3日~進駐軍で大阪なまりの日系人 チャーリー・タナカを演じて大きな人気を博したが、商業映画で、本格的な演技に挑戦するのは今回が初めて。さらに本作「麻雀放浪記2020」の撮影は2017年11月~12月にかけて行われており、役者として演技に挑戦したのは本作が初めてとなる。

さいたまスーパーアリーナでの単独公演を「公約」に掲げ、来年6月に公演が決定し、これまでも独特なパフォーマンスで多くの人たちを魅了してきた岡崎が、今作でも大暴れ。2020年の近未来、電磁パルスを仕掛けるオタクテロリストとして、坊や哲(斎藤工)を翻弄する。アーティスト活動で見せるその存在感は、映画の大事なスパイスとなっており、岡崎が一体どんな場所に登場するのか?強烈な原案と岡崎の個性がぶつかり合い、新たな“麻雀放浪記2020”の中で、一体どんな化学反応を起こしているのか!?期待して待とう。

<岡﨑体育(ドク) コメント>
ついに岡崎体育の憎らし&愛らしフェイスが劇場のスクリーンに映し出されるときが来ました。今後の僕の宿題として、アカデミー賞の新人賞にノミネートされたけど受賞には至らず、受賞された俳優さんに少し悔しさの見え隠れがある笑顔で賛辞を送るやつの練習しときます。

<白石和彌監督 コメント>
岡崎体育さんの独自の世界観が好きでお願いしたのですが大正解でした。これからお芝居の仕事が増えるんだろうなと思います。


■「麻雀放浪記2020」
2019年4月5日(金)全国ロードショー
配給:東映
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。