大森南朋&AKIRA 喧嘩シーンで奇跡「これでNG出したら、なんて謝ろうかと…」

映画・舞台 公開日:2018/11/29 2
この記事を
クリップ
}/

童謡の誕生から100年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生と、秀才音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画「この道」が、2019年1月11日(金)より全国公開となる。本作のメイキング映像と劇中カットが解禁された。

トンデモナイ甘ったれで女たらしでありながら、どこか憎めない北原白秋を演じるのは今や日本映画界に欠かせない存在となっている大森南朋。そして、日本初のオーケストラを創設し西洋音楽の普及に貢献した作曲家・山田耕筰役に、マーティン・スコセッシ監督「沈黙―サイレンス―」でハリウッドデビューも果たしたAKIRAが熱演。今回、バイオリンやピアノの演奏、更には合唱団の指揮に初挑戦している。




波乱の多い白秋の人生の中、そばで支える白秋の妻に貫地谷しほり松本若菜、また、白秋を見守る与謝野晶子役に羽田美智子がそれぞれ演じ切り、作品を一層華やかに彩る。『この道』、『からたちの花』、『ペチカ』、『赤い鳥小鳥』...誰もが口ずさむことができる童謡の数々。それまで、ドイツ民謡に日本語の歌詞を乗せた童謡しかなかった時代に、日本人による日本人のための新しい「歌」を誕生させた二人の天才を、佐々部清監督が丹念に描く。

この度、北原白秋と山田耕筰をそれぞれ演じた、大森南朋AKIRAの撮影時の様子を映したメイキング映像が解禁となった。場面は、白秋と耕筰の喧嘩シーン。郷愁に満ちた作風が高く評価され人気詩人だった白秋のもとに、鈴木三重吉(柳沢慎吾)の仲介でやってきた耕筰。音楽家である耕筰は、白秋に、共に童謡を作ることを持ち掛けるが、二人の才能はぶつかり、掴み合いの喧嘩に発展...お互いに物を投げたり、押したり引いたり・・そんな二人に出くわした白秋の妻である菊子(貫地谷しほり)は、喧嘩を止めようと慌てて二人の間に入るが、二人の喧嘩を止めたのは、ベストタイミングで泣き声をあげた赤ちゃんの名演技。思わずAKIRAも「これでNG出したら、赤ちゃんになんて謝ろうかと...」と思わずこぼしてしまうほど、奇跡の名場面が生まれた。

さらに、劇中カットも10点公開。白秋と耕筰二人の様子以外に、どんな時も白秋を傍で支え家族を守る妻・菊子や、赤い実を白秋の口元に添える妖艶な美女・ソフィーこと松下俊子(松本若菜)、詩人としての白秋を高く評価し、活躍の為に支え続けた与謝野晶子(羽田美智子)と与謝野鉄幹(松重豊)夫婦、そして白秋と耕筰を引き合わせた鈴木三重吉(柳沢慎吾)の姿も。

哀愁、笑い、そして、感動を呼び起こす珠玉の人間ドラマ「この道」に期待したい。


■「この道」
2019年1月11日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
©2019映画「この道」製作委員会