“リアル峰不二子”小倉優香、主演映画ビジュアル&予告映像公開

映画・舞台 公開日:2018/11/22 28
この記事を
クリップ
}/

映画『レッド・ブレイド』が2018年12月15日(土)よりシネマート新宿ほか公開になる。この度、ポスタービジュアル&予告映像&場面写真が解禁となった。

本作は、『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など海外でも高い評価を受ける園子温原案によるストーリー。『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督、『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口拓と“ミスター・バイオレンス”と称され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015正式上映作品『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋のメガホンで映画化。さらに、ド迫力のオープニングアクション監督を『いぬやしき』『BLEACH』などを手掛けた下村勇二が担当。今までの忍者の常識を覆す、世界初の忍者映画がここに誕生した。




映画初主演にして本格アクションに挑戦する小倉優香。“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻し、最近は、ドラマ「チア☆ダン」や「恋のツキ」などに出演するなど女優として開眼。共演には、舞台『MIRRORION(ミラリオン)』の搗宮姫奈や『アズミ・ハルコは行方不明』の花影香音。“踊る次世代の裕次郎”の呼び声高い、『孤狼の血』の岩永ジョーイなどアクションに特化した実力派若手俳優が小倉の脇を固める。また、総合演出の坂口拓が、TAK∴名義で伝説の忍者として登場す。

「哀しみの刃は、心を宿す。」というコピーが添えられたポスタービジュアル。予告映像では、坂口指導の下、極限まで鍛えぬかれた小倉の殺陣などアクションシーンがふんだんに切り取られている。

(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会

関連タグ