実写映画「東京喰種」続編は2019年夏公開、カネキの姿を解禁

映画・舞台 公開日:2018/11/22 21
この記事を
クリップ

2018年7月「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)発売により完結を迎えた、全世界累計発行部数3700万部を誇る超人気コミックス。2017年7月29日には実写映画「東京喰種 トーキョーグール」が世界29ヶ国で公開され今も尚拡大中であり、世界的な大ヒットを記録している。そんな本作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」(配給:松竹)として、2019年夏に日本公開されることが決定した。


前作に続き、主人公・金木研(カネキ ケン)役を務めるのは、人気実力共に若手を代表する俳優、窪田正孝。食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京を舞台に、人間でありながら喰種(グール)としての能力に目覚め、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を演じる。さらに、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ シュウ)役に松田翔太、カネキと共に月山と闘うヒロインの霧嶋董香(キリシマ トーカ)役に山本舞香と、今最も旬で注目の実力派メンバーによる豪華キャスティング。

9月の映画化解禁の際にはリアルタイム検索を「東京喰種」「月山習」「松田翔太」「山本舞香」など、関連するワードがジャック。twitterトレンドにもランクインし、「これは普通に嬉しい!」「まためっちゃかっこいい窪田くん見れるじゃないか!」「東京喰種についに月山が!?!?めっちゃ楽しみ!」などなど、早くも熱いコメントが寄せられている本作。

この度、窪田演じるカネキの場面写真が解禁。ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらとともに生活をしているカネキ。そんな中「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習が現れ、カネキに異常な執着を持った月山は彼を「グールレストラン」へと誘い出すー。謎に満ちた「グールレストラン」の実態、そしてカネキvs月山、人間と喰種の共存を賭けた熾烈な闘いが描かれる本作では、迫力のバトルシーンも多数登場。この度解禁された場面写真では、対峙する相手に構えをとるカネキの姿が映し出されている。前作よりさらに進化したカネキのアクションや、まだ明かされていない最大の宿敵・月山との白熱のバトルシーンに期待が高まる一枚となっている。

数々の人気キャラクターを、豪華キャストで映画化した前作。最新作となる本作でも、すでに解禁されたカネキ、月山、トーカ以外の配役に早くも熱い期待と注目が集まっている。今後の続報を期待して待つとしよう。


■『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』
原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」 (集英社「ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝、山本舞香/松田翔太
配給:松竹
公開:2019年夏全国公開
©石田スイ/集英社   ©2019「東京喰種 トーキョーグール2」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント