大泉洋、高畑充希の体力のなさを暴露「ペースについて行くのが大変」

映画・舞台 公開日:2018/11/12 13
この記事を
クリップ

女優の高畑充希が12日、都内で行われた映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(12月28日公開)の完成披露試写会に大泉洋三浦春馬渡辺真起子竜雷太綾戸智恵佐藤浩市原田美枝子、前田哲監督らと参加した。

編み物にハマっているという高畑は、タイトルにちなんで「○○なのに○○かよ」を聞かれると「萩原聖人さんが麻雀のプロで『いい感じにダサいヘアバンドを作ってほしい』と言われたので、睡眠時間を削って『絶対王者』と刺繍して作った」と明かし「渡したら喜んでくださって麻雀の試合でつけてくれたけれど、負けていた。せっかく作ったのに負けるのかよ!」と心の叫び。それに大泉は「負けるでしょうね、絶対王者じゃね」と仕方なしの表情だった。

一方の大泉は「ランニングなのに止まるのかよ」と返答。撮影地・北海道で体作りのためにランニングをしていたという大泉は「三浦君と高畑さんも走りたいと言うので一緒に走ったんですけど、高畑さんは10メートルくらい走ると止まる。ちょっと走ってまた止まる。そのペースについて行くのが大変だった」と高畑の体力のなさを暴露。

さらに佐藤に向けては「撮影なのにゴルフかよ」で「浩市さんはゴルフをして次の日に撮影をして、また帰りにゴルフをする。ゴルフの日は晴れていて、撮影の日は雨。浩市さんは『やっぱ俺は流石だよなぁ』と言っていた」とチクり。当の佐藤は「休みの日は何をしてもいいの!」と訴えていた。

この記事の画像一覧 (全 7件)