平野紫耀&桜井日奈子「ういらぶ。」“キュン声絶叫上映”決定

映画・舞台 公開日:2018/11/12 11
この記事を
クリップ

LINEマンガで話題沸騰、少女部門にて月間1位を記録し、累計180万部を突破、星森ゆきもによる大人気コミック「ういらぶ。-初々しい恋のおはなしー」(小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」刊)の映画化作品、「ういらぶ。」(配給:アスミック・エース)が11月9日(金)から上映中だ。




思いっきり笑ってキュンキュンして最高に楽しい、素直になれない幼なじみたちの究極“こじらせ”ラブ、それが、「ういらぶ。」(=初恋/WE LOVE)。同じマンションに住む幼なじみの優羽のことが好きなのに、「好き」の一言を素直に言えずドSのフリをしてしまう主人公・凛(平野紫耀)と、そんな凛のせいですっかり自信をなくしてしまったネガティブ女子・優羽(桜井日奈子)。お互い両想いなのに、全く気付かず幼なじみから発展しない2人。幼なじみの暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)は、そんなじれったい恋模様を長年見守ってきた。そんな仲良し4人組の前に、突如現れた最強ライバル兄妹・和真(伊藤健太郎)&実花(桜田ひより)。4人の友情と恋は大きく動き出していく―?!

公開前からSNS上には、「予告編だけでもキュンキュンしすぎ!思わず声が出そうでヤバいのに、映画館で黙って見ていられる気がしない!!」という声が多数あがっていた本作。11月9日(金)の公開以降、劇場で観た人たちからも、「初々しすぎるラブがじれったいけどかわいすぎる!」「はじまりから終わりまで“かわいい”&“かっこいい”の大渋滞!!」「ツンデレ、こじらせがたまらない!」と絶賛の声が相次ぎ、あふれんばかりの胸キュンシーンの連続に、劇場では、優羽への思いをひた隠してジタバタする凛のように、周りにバレないようこっそり悶えている人も多く...。

そこで、胸キュンした押さえられない想いを、大きな声に出して思い切りスクリーンの向こうの凛たちにぶつけることのできる、応援上映ならぬ、≪キュン声♡絶叫上映≫の開催が決定した。

東京・名古屋・大阪の3か所の劇場で行われる≪キュン声♡絶叫上映≫では、キュンキュンした想いをいくら叫んでも OK。思う存分≪キュン声≫を叫んで、凛と優羽のじれったい恋を、みんなで一緒に応援しよう。

<実施日時・場所>
11月22日(木)
東京:TOHO シネマズ新宿
名古屋:109シネマズ名古屋
大阪:TOHO シネマズ梅田

<鑑賞レギュレーション>
鑑賞中の発声可能・サイリウム/ペンライトの使用可能・タンバリン・鈴の使用可能/うちわ持込OK
※公式サイト等に記載されている注意事項をよく読んで周囲の鑑賞を過度に妨害しないよう配慮お願いします
※静かに鑑賞したい方には不向きな上映となります
※※詳細については、映画『ういらぶ。』公式HPと実施劇場のHPをご確認ください※※


(C)2018 『ういらぶ。』製作委員会  (C)星森ゆきも/小学館