舞台「けもフレ2」乃木坂46鈴木絢音&佐々木琴子、人見知り姉妹も立派な”フレンズ”に

映画・舞台 公開日:2018/11/08 27
この記事を
クリップ
}/

一世を風靡した”けもフレ”こと「けものフレンズ」の舞台化第2弾、舞台「けものフレンズ」2~ゆきふるよるのけものたち~が8日初日を迎え、通し稽古(ゲネプロ)が報道陣、関係者に公開され、ゲネプロ前にはキャスト陣が集合。囲み会見に応じた。




今回の舞台はゆきやまちほー。けもフレの中でも⼈気の⾼い、ギンギツネとキタキツネのフレンズが登場し、ギンギツネを乃⽊坂46の鈴⽊絢⾳が、キタキツネを佐々⽊琴⼦がそれぞれ務める。今公演はサーバル(尾崎由香)の回、アライさんとフェネック(小野早稀・本宮佳奈)の回、PPPとマーゲイの回の3パターン上演されるが、会見には”全部の回出演”メンバーから、乃木坂46鈴木&佐々木のほか、野本ほたる(オカピ)、仁藤萌乃(マンモス)、加藤里保菜(タヌキ)、稲村梓(クロヒョウ)が、そして初日公演となる”PPPとマーゲイの回”から佐々木未来(ロイヤルペンギン)、根本流風(コウテイペンギン)、田村響華(ジェンツーペンギン)、築田行子(フンボルトペンギン)、山下まみ(マーゲイ)が登壇した。

初のけもフレ舞台の参加となる鈴木は「演技あり、ダンス、歌ありとさまざまな要素があるので稽古時間が長かったです」と飄々と答えると、ほかの出演者からどっと笑いが起きた。佐々木は「フレンズたちの衣装の耳とかしっぽがあるのを想定して、芝居の中での動きとか付けるのは”けものフレンズ”ならではだなと思いました」と振り返った。

AKB48で活動していた仁藤が、現役アイドル乃木坂46の2人の印象を聞かれ、「ファンの方からもすごい人見知りだからと聞いてたんですよ。私も人見知りなタイプなので、最初はなかなか話しかけられなくって、ちょっと面白いシーンで全力で変な顔してみたら、笑ってくれて、そこからちょっと打ち解けられたかなって思います」と答えると、佐々木(琴)は「ふふふふ!でもほんとにおもしろくって優しい方だなって思います」と笑顔で和ませた。また野本は「(仲良くなったのは)お稽古しながらですね。最初やっぱりすごい人見知りで、2人とも話しかけていいのかな?っていうドキドキは私たちにもあったので、セリフで会話していく中で、休憩中にも話しかけられるようになったりとか、芝居の中で”フレンズ”になった感じです」と話した。

今回、キャストによって3パターン上演され、すべてに出演することについては「セリフが似てても少し違うことを言うのが紛らわしいです(笑)。PPPとマーゲイの回は人数が多いので、私はいつも裏でほっこりしながら観てます」と話すと、佐々木は「大変な部分はたくさんあります。ちょっとずつ違うので。強いて言うならPPPの回がいちばん大変です。ほんと紛らわしいんです」と舌好調。野本は「ゲストの方の人数がバラバラなので、戸惑いましたけど、どの解もカラーが違って、全く違った楽しみができるので、ぜひ3パターン観ていただきたいなって思います」と絶妙のフォローが入った。

舞台「けものフレンズ」2~ゆきふるよるのけものたち~は11月8日夜公演から、11月18日(日)まで全16公演、品川プリンスホテルクラブexで上演される。各々のフレンズの衣装が、細部のディテールまでとにかく可愛いので、ぜひ生で観ていただきたい。

けものフレンズプロジェクト2S

この記事に関連するコメント

R.IKENOUE @RIkenoue 11月9日

舞台「けもフレ2」乃木坂46鈴木絢音&佐々木琴子、人見知り姉妹も立派な”フレンズ”に | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/3TrQh1wvYy