2.5次元で活躍 前山剛久が1st写真集に込めた強い思い告白

映画・舞台 公開日:2018/11/02 12
この記事を
クリップ


話題は、写真集のテーマにちなんで「夢」の話へ。役者としての夢を尋ねられると、「歌で自分を表現することです」と回答。その理由について、「アイドルに憧れて(この仕事を)始めたんですよ。事務所にもアイドルのオーディションを受けて入ったんですけれど、それには受からなくて。でも役者はどうか?って言ってくだって、役者を始めるきっかけになりました」とデビュー当時を振り返り、「舞台の世界に入っていろんな人に出会って、すごく苦しいことも楽しいこともあって。役者として成長出来たと感じている今、やっとこの写真集を出せて、自分の表現っていうものを一つ見つけられたなと感じています。だからこそ、憧れだった歌でも自分のことを表現するのが夢で、役者として芝居で表現するのももちろんですが、歌も出来る俳優として、いつかCDを出せたらいいなと思います」と、期待に満ちた明るい表情で語った。

さらに、「デビューした頃は、すごく引っ込み思案だったと思います。でも周りの先輩方だったり、後輩やスタッフさんにも自分を引き出してもらえて、本当にみんなに支えられて成長出来たなと。支えられた役者人生だと思います」と感謝の言葉を述べた。

そして、プライベートでは「ブロードウェイに行く」のが夢だという前山。「仕事と繋がっちゃいますけど、やっぱり役者をやっていて一度はブロードウェイでお芝居を見て刺激にしたい。海外ドラマの『glee』が好きで、海外の音楽ってすごく素敵だし、そういうのを自分の私生活に取り入れたらCDを出すっていう夢にも近づけるし、役者としての表現を広げるのにも使えるので」と目を輝かせた。思わず記者から「二冊目の写真集はブロードウェイで撮影ですね!」と言われると、「そうですね、今決定しました(笑)」とおどけ、会場を沸かした。

最後に前山は、「この写真集は読み終えてそれで終わりではなくて、ここから一緒に歩んでいこうというメッセージも込めて作りました。これからもよろしくお願いします」と、ファンへメッセージを伝えた。

会見後に開催されたお渡し会では、日ごろの感謝を来場したファン1人1人に丁寧に伝えた前山。写真集発売記念イベントは、本日を皮切りに11月3日(土)にSHIBUYA TSUTAYAで、11月4日(日)にはTSUTAYA EBISUBASHIにて、計3日間の開催となる。「直接応援してくださるみなさんに会える機会が、他の役者さんより少なかったので、この3日間は僕にとって貴重です。しかも僕だけを応援しに来てくれるみなさんなので、しっかり感謝を伝えられるイベントにしたいです」と意気込んでいた。

前山剛久1st写真集「Dream of me.」
●発売日:2018年11月1日(木) ※一部、発売日が異なる地域がございます
●定 価:本体2,800円+税
●撮 影:宮坂浩見
●発売元:株式会社東京ニュース通信社


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ