Dream Ami 主題歌オファーの心境を振り返る「波平の気持ちを膨らませながら」

映画・舞台 公開日:2018/10/29 7
この記事を
クリップ
}/

波瑠西島秀俊初共演の遊園地を舞台にしたお仕事エンターテインメント映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」が、10月28日に公開記念ティーチインイベントを開催し、Dream Amiと波多野監督が出席した。

人気作家・小森陽一による小説「オズの世界」を実写映画化。熊本県に実際にあるグリーンランドリゾートの全面協力のもと撮影された、ありそうでなかった”遊園地”という夢と笑顔を与える仕事に就き、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司と一癖も二癖もある従業員たちに囲まれ成長していく主人公を描いた本作。




主題歌を担当したAmiは自身の『Wonderland』の曲と共に登場。「ハッピーで温かくなるほんわかする映画です。遊園地の舞台裏も見れます!私もエンターテインメントの仕事をしているので、とても共感しました。」と映画の感想を伝え、主題歌のオファーがきた時には「エンドロールが流れた時に映画が回想されればいいなと思って、波平の気持ちを膨らませながら書きました。」と当時を振り返る。

映画の完成形を観た時には「めちゃくちゃ嬉しかった!!何度も悩んで書き直した事が報われました。タイミングも合っていて、ここというところで曲をインしてもらって、鳥肌が立ちました。」とかなり感動した様子。

監督も「本当にピッタリの曲を書いてもらいました。夢、希望、愛、叶う場所という歌詞があるんですけど、叶う場所は波平がなかなか自分の居場所を見つけられなくて悩んで、最後には見つけた。頑張れば叶う場所ですよね。」と大絶賛。

本日はDream Amiが頑張る人にエールを送るということで、客席から質問を募集。遊園地のスタッフになるなら?という問いには「ゴミを捨てたり、お客さんのSOSに元気な笑顔で対応したり、いつでも気軽に声をかけてもらえる案内係りかな。」行ってみたい遊園地を聞かれ「あんな大きな遊園地があることを知らなかったので、グリーンランドに行ってみたい!恐竜コースターに乗ってみたい!」と夢を膨らませた。

監督は苦労した点を「エピソードがうそっぽいんですけど、キャラクターもほとんど実話なんです。あまりリアリティに落とし込まないように、うそっぽくならないように気を付けたところでしょうか」と語ると会場からどよめきが起こった。

Amiは「シングル曲を毎回書いているわけではないんですが、今回は自分でどうしても書きたくて。でも期限までそんなになかったので2.3日休みを取って書いていました。はまった!と思ったのが“もし願いが叶うなら明るく清く朗らかなヒロインになりたいな”というところで、反対にサビは短く簡潔にと思ったら悩んでしまって。その時にスタッフから“Wonderland”はいいんじゃないかと言われて、そこから曲が決まりました。」と歌詞の苦労を語った。

今の職業で良かったことは、監督「今日みたいにお客様の顔を見れること。映画監督は映画ができないと普段何をやっているんだ?と思われるので。」と笑いを誘い、Amiは「自分の表現に対して誰かの反応が返ってくると幸せを感じる。子供の頃から歌手になりたくて、それ以外にイメージしたことがなかったので、そうなるのが普通だと思っていた。でも一人じゃない、支えてもらっているからこそ自分の世界を作れて、そのことにやりがいを感じられるんだと思う。」と頑張る人にエールを送った。

最後に「ハッピーで明日から頑張ろうと思える映画です。もっと盛り上げられるように主題歌を作りました。みんなの中で更に勇気になれば嬉しいです。」と答え、監督は「2年前にグリーンランドに行って、昨年撮影して、やっと今年こうしてみなさんへ届けることができました。楽しんでもらえて、もし気に入って頂ければ応援してください。」とアピールした。

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

この記事の画像一覧