今ほしい優秀ハイゲージニットを厳選! きれい色から定番まで着回し力も抜群

公開日:2022/11/27 4 リンネル
この記事を
クリップ

繊細な編み目のハイゲージニットは、すっきり洗練された印象で、大人のおしゃれに欠かせない必需品。今シーズンは、ベーシックなタイプから、ポロシャツやアンサンブルまで、旬アイテムが目白押し。オン・オフ問わず着られて、着こなしの主役にも名脇役にもなる頼もしい相棒を見つけてみては?

【high gauge knit 01】 SLOANE
スカーフと好相性! 人気復活のポロニット

今季の注目株がポロセーター、衿元にスカーフを効かせてクラシカルに装いたい。

ポロセーター¥28,600/スローン(スローン)、スカート¥37,950/ジェーン・マープル・ドン・ル・サロン(セント・メアリ・ミード)、スカーフ¥14,300/マニプリ(マニプリ)、ショルダーバッグ¥22,000/オーマイバッグ(クオリネスト)、シューズ¥44,000/レペット(ルック ブティック事業部)、ソックス/スタイリスト私物


【high gauge knit 02】 Marimekko
赤ニットが主役のフレンチカジュアル

ベーシックな色味でまとめたパンツスタイルが、赤ニットの発色のよさを引き立ててくれます。

セーター¥37,400/マリメッコ(ルック ブティック事業部)、パンツ¥23,100/ライク ウェア(ヤエカ アパートメント ストア)、ベレー帽¥9,680/ジェーン・マープル(セント・メアリ・ミード)、ショルダーバッグ¥45,100/イルビゾンテ(ルック D.C事業部)、シューズ¥41,800/リーガル シューアンドカンパニー(リーガル シュー&カンパニー)、ソックス/スタイリスト私物


【high gauge knit 03】 SCYE
重ね着も楽しいタートルワンピ

カジュアルなデニムパンツやメンズライクなコートと合わせても、タートルワンピースならではの上品さはキープ。

\Point/
インディゴデニムとワントーンコーデ!

ニットワンピース¥59,400/サイ(マスターピースショールーム)、バッグ¥11,000/バトナー(バトナー)、コート¥36,300/ミディウミ(マザーズインダストリー)、デニムパンツ¥27,500/キジ(ブルーム&ブランチ青山)、キャップ¥4,180/ニューエラ(ニューエラ)、シューズ¥13,090/ニューバランス(ニューバランスジャパンお客様相談室)、ソックス/スタイリスト私物


【high gauge knit 04】 CABaN
鮮やかな色とニットの質感がパーカを新鮮に

ベーシックなプルオーバーパーカもニット生地でおしゃれにブラッシュアップ。コットンカシミヤならではのソフトな肌触りが特徴。
パーカ 各¥47,300/キャバン(キャバン 代官山店)


【high gauge knit 05】 SLOANE
定番カーデは今季の注目色グリーンが◎

プレーンなVネックカーディガンは、上質なカシミヤ×鮮やかなグリーンでトレンド感がありながら、きちんと感も抜群。
カーディガン¥55,000/スローン(スローン)


【high gauge knit 06】SLOANE
今季は赤も定番にしたいシンプルタートル

シンプルなタートルネックセーターは、黒、グレーの着まわし力の高いベーシックカラーに加えて、今季は赤もスタメンに抜擢。
タートルネックセーター 各¥27,500/スローン(スローン)


【high gauge knit 07】 JOHN SMEDLEY
上品クラシカルな表情のアンサンブル

黒地に白いラインがクラシカルなアクセント。おそろいのカーディガンとニットは、今季はアンサンブルとして着るのがおすすめ。
カーディガン¥41,800、ニット¥36,300/ともにジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)


photograph:Tomoya Uehara styling:Saori Kitagawa hair & make-up:Tomoko Takano model:Julianne text:Kazuyo Nojiri web edit:Mina Ota
リンネル2022年12月号より
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

※本記事は掲載時点の情報です。
提供メディア

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント