【主張しすぎないロードバイク!?】最新システム搭載「スペシャライズド」Diverge STRが超イケてる!

公開日:2022/11/23 2 MonoMax
この記事を
クリップ

主張しないサスペンションが超イケててカッコいい!

グラベルロードバイクをご存知だろうか。「gravel road(グラベルロード)=未舗装路」のことで、グラベルロードバイクは林道などの未舗装路や砂利道なども走破できるドロップハンドルを装着した自転車のことだ。未舗装路ゆえに荒れた路面であることは想像に難しくない。

そんなエリアでも快適に、そして快速で走れるのがグラベルロードバイクであり、妥協なき路面追従性を追い求めまったく新しいサスペンション「Future Shock(フューチャーショック)」を搭載したモデルがスペシャライズドから登場した。

革新か、死か

スペシャライズドは米国カルフォルニア州に本社を置くスポーツ自転車ブランド。「Innovate or Die(革新を、さもなくば死を)」という行動指針によって技術革新への飽くなき挑戦を続けている。そのスペシャライズドから前後のサスペンションにFuture Shockを搭載したまったく新しいグラベルバイク、Diverge STR(ディヴァージュSTR)が発売となった。

未舗装路の走行中は振動が激しい。路面から伝わるその振動をバイクさらにはライダーからも切り離すテクノロジーがFuture Shockなのだ。スペシャライズドの最新グラベルバイクDiverge STRはFuture Shockを搭載することにより、バイクの操作性を高め、疲労を蓄積しにくくする。
またFuture Shockは重量面で圧倒的なアドバンテージを持つうえ、ペダリングのレスポンスや効率性を悪化させない。つまり荒れた路面でも、より遠くまで、より速く効率的に走れるようになるシステムなのだ。
 

Future Shockを前後に搭載

Future Shockはサスペンションの減衰力を調節できるシステム。この最新サスペンションを前後に搭載することで両輪とも確実に接地させ、走りの安心感を高めるのだ。ペダルを強く踏み込んだときに前に出る感覚や追従性がFuture Shockを搭載することによって発揮する。
Future Shockは、数十年におよぶイノベーションによって誕生した。スペシャライズドの持つ「スムーズさ=速さ」という哲学から生まれた最新システムはフロントが20mmトラベル、リヤが30mmトラベルとなっている。
フロントのFuture Shockはシャープなハンドリング性能を実現する一方で、手のひらや上半身に振動を伝えない。リヤのはFuture Shockは、油圧ダンピングがペダリング中の無駄な沈み込みを防ぎ、不意に大きな衝撃を受けてもサドルから浮き上がらせない。しかもリヤトライアングルはリジッドなので、パワーの伝達性能をそのまま維持することが可能なのだ。

Diverge STRラインナップ

S-WORKS DIVERGE STR FRAMESET
価格:¥825,000 (税込)
カラー(サイズ)Satin Forest Green/Dark Moss Green/Black Pearl (49525456)
 
DIVERGE STR PRO

価格:¥1,210,000(税込)
カラー(サイズ):Satin Blaze/Violet Ghost Pearl Fade (52、54、56)
https://www.specialized.com/jp/ja/p/200577

 
DIVERGE STR EXPERT
価格:¥990,000(税込)
カラー(サイズ):Satin Black/Diamond Dust (49、525456) Satin Harvest Gold/Gold Ghost Pearl (495254、58)
https://www.specialized.com/jp/ja/p/200578

文/坂東 漠 画像提供/スペシャライズド・ジャパン

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)