TWICE 日本3rdシングルは洗練されたビジュアルに挑戦

K-POP 公開日:2018/04/16 4
この記事を
クリップ

【いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる】と言う意味を持つ、Asia No.1最強ガールズグループ「TWICE」。

韓国では、デビューから1年2か月足らずで、最も権威のある賞のひとつ「第31回ゴールデンディスクアワード」大賞に輝くなどのたくさんの功績を持つTWICE。昨年6月28日にデビューにして最強ベストアルバム「#TWICE」にて日本デビューを果たし販売枚数が33万枚を突破し、日本レコード協会のプラチナディスクに認定された他、オリコンデイリーランキング1位、Youtube再生回数が6週連続1位(7月月間1位)、日本を含む9地域のiTunes 総合アルバム・ウィークリーランキング1位、LINE MUSICの7月度月間1位、その他配信サイトでも1位を獲得するなど、いまだロングヒットが続いている!社会現象にもなり年末には「第68回NHK紅白歌合戦」にも出場を果たした。



さらに日本で初のオリジナル曲となるファーストシングル『One More Time』もオリコンウィークリーチャートで、20.1万枚を売り上げ、1位を獲得。売上枚数においては、1stシングルの初週売上が今年度最高を記録し、さらに海外アーティストの1stシングルの初週売上でも、歴代1位を記録。2ndシングル『Candy Pop』も、アニメコラボMVも話題となり、オリコンウィークリーチャート1位を獲得し、ファーストシングルに続き、セカンドシングルも20万枚を超えた、初の海外アーティストとしても注目を集めている中で、2月27日に日本レコード協会から発表された日本ゴールドディスク大賞においても5冠を達成し、海外アーティストとしての異例の記録を次々に作り出していっている。『Candy Pop』は現在、41万枚の売り上げ。

そんなTWICEのJAPAN 3rdシングル『Wake Me Up』(読み:ウェイク ミー アップ)が5月16日(水)にリリース決定し、NIKEとコラボしたABC-MARTの新TV CM「NIKE AIR MAX」に楽曲としても起用されている中、ついに最新のビジュアルが解禁された。

「チャレンジ」をキーワードにあきらめない気持ちや、前向きに立ち向かう強い心を応援する楽曲は9人それぞれの魅力が存分に詰まったダンスチューンとなっており、TWICEの真骨頂が発揮されている本作は今までとは違う洗練されたビジュアルに「チャレンジ」した作品となっている。
ガールクラッシュでエッジのあるビジュアルはTWICEが結成時から持っている魅力であり、いい音楽で一度、素敵なパフォーマンス(ビジュアル)で二度魅了させるという想いも込めたTWICEを表現した作品となっている。


この記事の画像一覧

関連タグ