ましまろ 注目の1stシングルはこだわり満載

J-POP 公開日:2015/04/10 3
この記事を
クリップ
}/

ザ・クロマニヨンズの真島昌利、ヒックスヴィルの真城めぐみ・中森泰弘からなるバンド「ましまろ」の結成が先日発表され、音楽ファンならずとも話題となっているなか、5月13日発売のファースト・シングル『ガランとしてる』の詳細が発表された。




ボーカルとギターからなるましまろが奏でるサウンドのみならず、ゲスト・ミュージシャンとして、ベースにOKAMOTO’Sよりハマ・オカモト、ドラムに黒猫チェルシーより岡本啓佑がともに3曲参加! 世代を超えたサウンドを楽しむことが出来る。

シングルは全4曲収録で、表題曲『ガランとしてる』のほかに、真島がリードボーカルを取る楽曲やバディ・ホリーの『ハートビート』に日本語詞をのせたカバー曲など、多彩な楽曲が収録されている。

同作品はCDとアナログが同時発売され、アナログはCDと曲順が変わり、さらには12インチ・45回転というこだわりも詰め込まれている。

そしていよいよライブのスケジュールも発表された。初ステージは4月25日におこなわれる「ARABAKI ROCK FEST.15」。その後幾つかのステージにも登場する。

最新の情報は、オフィシャルHP(http://www.mashi-maro.net)を随時確認しつつ、続報を期待して待ちたい。


この記事の画像一覧