西内まりや 初の自作曲でピアノ弾き語り

J-POP 公開日:2015/03/19 26
この記事を
クリップ
}/

西内まりやが5月6日に3rdシングル『ありがとうForever...』を発売することが自身のホームページで発表され、今作のために撮り下ろされたアーティスト写真も公開された。


本楽曲は西内が13歳の中学2年生の時に福岡から上京してきてからこれまで支え続けてくれたファンや家族を始めとした全ての人への感謝の想いを込めた初の作詞・作曲楽曲。楽曲に込めた「ありがとう」そして「これからもよろしくね」という想いをよりストレートに届けるためにピアノの弾き語りにも挑戦した心温まるメッセージソングとなっている。発売時期が新生活を始める人が多い春ということもあり、支えられていることへの感謝の気持ちを呼び起こしそうである。




本楽曲は当初リリースの予定はなく、昨年の12月23日に大阪umeda AKASO、12月24日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われたバースデーイベントにて、西内がファンに何かプレゼントしたいという想いから作詞・作曲に挑戦することを決断し披露した。初めての作詞・作曲に西内自身も試行錯誤を繰り返し、楽曲が形になったのはライブの2、3日前だった。

バースデーイベント後も東日本大震災の影響により未だ風評被害が残る福島県を支援するために12月26日~28日の3日間、千葉・舞浜アンフィシアターにて行われた「福島復興支援コンサート」でも披露され、歌唱をする度に、楽曲に込められた「ありがとう」そして「これからもよろしくね」という想いに共感をし、心を打たれた多くの方からCD化を望む声が寄せられ今回リリースが決定した。

当初リリース予定がなかったため、今回のリリース発表まで楽曲タイトルは『タイトル未定』のままであった。初披露からレコーディングまでの間も西内は歌詞やアレンジをこだわり抜き、今回ようやく完成を迎えた。

さらに、本楽曲は4月2日(木)より放送スタートする脚本家・小説家の野沢尚原作の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ「恋愛時代」主題歌(毎週木曜23:59~)にも決定した。

本楽曲についてドラマプロデューサーの西川氏は、「「キセキのようなあの瞬間に出会えたあなたに伝えたい ありがとうこれからもよろしくね同じ時間を過ごしたくてForever」、この歌詞はまさに、(比嘉愛未演じる主人公の)はると(満島真之介演じる)理一郎の思いそのものだと思います。そして、とても切ないけど前向きで力強いメロディは、このドラマの世界観そのものだと思います。素晴らしい曲に出会えたことに感謝します」と絶賛した。

【3rdシングル『ありがとうForever...』についての西内まりやコメント】
●3rd シングル発売について
こんな短期間のうちに3rd シングルまで出させていただき、たくさんの方に音楽やメッセージを届けられる機会をもらえたことがとても嬉しいです。新しい環境になって色んな想いを胸に頑張って過ごしている方にこの曲を届けたい曲です。

●今回作詞・作曲・ピアノに挑戦した経緯について
今回の作品を作るきっかけになったのは、昨年12 月23 日&24 日に行ったファンイベントでファンの皆さんに何かプレゼントを届けたいなと思ったのがきっかけです。ファンの皆さんをはじめ、家族や周りの友達やスタッフさんなど、たくさんの方に支えられてここまで頑張ってこれましたので、これまでの感謝の気持ちと「これからもよろしくね」という想いを届けたくてこの曲を作りました。感情や想いをよりストレートに届けたかったので、ピアノの弾き語りにも挑戦しました。

●タイトルについて
一番伝えたい想いをタイトルにしました。「ありがとう」と「Forever」、「感謝の気持ち」と「これからもよろしくね」という想いを込めて「ありがとうForever...」にしました。

●ドラマ主題歌に決まったことについて
主題歌になるということはそのドラマのストーリーなどに色付けをするということ。自分の頭の中から出てきたメロディと歌詞でそのような主題歌になるということはとても嬉しいです。少しでもドラマ、出演者の皆さんをこの曲によって色づけられたらいいなと思います。私自身、ドラマを見るのが楽しみです。

●この楽曲を聴く人へメッセージ
今回の『ありがとうForever...』は私が思う感謝の気持ちをたくさんの方に伝えたいという想いで作った曲なので、皆さんにとって大切な方にこの曲を歌っていただきたいです。それぞれの想いを替え歌などにして、重ねて歌ってもらえると嬉しいです。また、ちょうど5 月ということで、新しい環境になって悩んでいたり、ちょっと一歩踏み出せないという方に、「頑張れるぞ」って背中を押せる曲になっているといいなと思います。是非聴いてください。

☆西内まりやその他の写真はクリック


この記事の画像一覧