スピッツ 妄想力で書き上げた「雪ソング」話題ドラマED曲に

J-POP 公開日:2015/03/14 26
この記事を
クリップ
}/

3月21日より映画「スピッツ 横浜サンセット2013 –劇場版-」が全国順次公開されるスピッツから新たなニュースが発表された。


スピッツの新曲が、4月10日スタートの話題のドラマ「不便な便利屋」(テレビ東京系。毎週金曜 深夜0時12分~)のエンディングテーマに決定した。ドラマ「不便な便利屋」は、極寒・北海道の名も無き田舎町で“便利屋”を営む3人の男たちのコメディドラマ。




作詞作曲を担当した草野マサムネが「(自分が雪に縁のない)九州出身なので妄想力をフル稼働させた」と語る通り、雪の街を舞台にしたドラマのために書き下ろした新曲だ。

タイトルは「雪風」。

今回、エンディングテーマ曲を決めるに当たり、「彼ら以外考えられない」と鈴井監督自らスピッツサイドへオファーをしたことから実現。

完成した音源を聴いて「心が震えた」(鈴井監督)という。ドラマのために書き下ろしたスピッツ待望の新曲『雪風』がどんな作品に仕上がったか、ドラマの放送と共に楽しみにしていてほしい。

【クリック】スピッツの名曲を聴く


この記事の画像一覧