whiteeeen ビジュアル公開も学業両立でイラストのみ

J-POP 公開日:2015/02/27 6
この記事を
クリップ
}/

2015年3月14日(土)公開の映画「ストロボ・エッジ」(主演・福士蒼汰、有村架純)主題歌シンガー・オーディションから生まれた10代女子ボーカルユニット「whiteeeen」のイラストビジュアルが本日公開された。


このオーディションはGReeeeN LINE公式アカウント(登録者数220万人)に歌唱動画を投稿することで進められGReeeeNメンバーとGReeeeNのプロデューサーJIN、そしてLINE公式アカウント内での一般投票を経て、全員10代の4人の女子がオーディション優勝者となった。




彼女達が映画の主題歌として歌うのは、 配信累計400万ダウンロードのセールスを誇るGReeeeNの代表曲『愛唄』のカヴァー『愛唄~since 2007~』。そしてwhiteeeenは学業と音楽活動を両立させるため、自らをオーディションし、かつデビュー曲のオリジナルであるGReeeeN同様、顔を出さずにアーティスト活動をする。

GReeeeNのビジュアルといえば、シルエットだがwhiteeeenは今後、彼女たち本人ソックリのイラストをキービジュアルとしていく。このイラストはGReeeeNのジャケットも手がけている、イラストレーターのゆうこによるもの。

ユニット名の由来は、white(白)とteen(10代)を合わせ、4つの「e」はGReeeeN同様、メンバーの人数、笑顔の歯をイメージして名づけらた。

■イラスト素材左から meri(15歳/メリ)・kana(16歳/カナ)・hima(16歳/ヒマ)・noa(18歳/ノア)


この記事の画像一覧