次世代の歌姫 加治ひとみ TGC 2015の大舞台で新曲披露

J-POP 公開日:2015/02/26 6
この記事を
クリップ
}/

前回の『TOKYO GIRLS AUDITION 2014 AUTUMN/WINTER Powered by Ameba』(以下:TGA14)アーティスト部門でグランプリを獲得した加治ひとみ。


彼女が2月28日(土)に10周年の記念すべきアニバーサリーを迎え開催する「第20回 東京ガールズコレクション 2015 SPRING/SUMMER」(以下TGC 2015 S/S)のステージで登場、オリジナル曲を歌唱予定だ。

TGA14のステージにてグランプリを受賞後、歌手の道を目指すも苦難の日々を過ごしてきた加治ひとみがエイベックスとの専属契約を結び、遅咲きながら遂に歌姫となるチャンスを掴んで約半年。

オシャレも仕事も夢を追うことも妥協しない芯の強さや己の生き様を投影した独特の歌詞を武器にチャンスを掴んだTGCのステージに返り咲く予定だ。



期待の新曲を初披露する加治ひとみ、今後の彼女の活躍から目が離せない。

加治ひとみオリジナル曲の『共犯者』、『タイムマシン』の2曲のMVが完成!この2曲はTGA15アーティスト部門の課題曲に決定している。2曲のオリジナル曲のMVの全貌は2月28日(土)に解禁となる。

「Ameba」の女性Webプロデューサーが、新しい初めての試みとして加治ひとみのプロデュースを行っている。

担当するのは、「Ameba」で女性向けサービスを運営しているガールズ事業部の女性プロデューサーで る20 代の女性社員 2 名。20~30代女性を対象にしたWebサービスでのプロデューサー経験やターゲットの女性に響くマーケティングのノウハウを活かして、「Ameba」サービスを始め、定額制音楽配信を行う「AWA(アワ)」や動画サービスなどを幅広く活用した情報発信やプロモーション展開など、Webプロデューサー視点での新しいプロデュースを行っていく予定とのこと。

■加治ひとみ<TGC出演の意気込み>
自分のオリジナル曲をグランプリを受賞したステージでみんなに聴いてもらえる初の大舞台なのですごく楽しみにしてきました。そして今日まで歌詞にこだわって制作をしてきたのでたくさんの女性にかぢの言葉ひとつひとつを届けられるように全力投球のパフォーマンスをしたいと思います。 現状維持なんてつまんない!かぢが興味が るのはこれから先に起きる未知なこと全て。失敗を恐れず今できる全てをステージで出していきたいです!

<MUSIC VIDEO 制作の感想>
初めてのMV撮影だったので不安ももちろん りましたがほとんどは撮影中楽しかった記憶しか りません。自分の演技力のなさに初めは笑ってしまったけど監督と意見を出し合いながら自分の描いたものに近づけていくことができたと思います。そして自分の好きなことをできる幸せを改めて感じさせられた時間でも りました。子供のようにがむしゃらに好きなことを…最高です(笑)


この記事の画像一覧