Galileo Galilei 話題の新曲MVをバレンタインデー限定で公開

J-POP 公開日:2015/02/14 10
この記事を
クリップ
}/

平均年齢22歳にして、すでに同世代のカリスマ的存在としてシーンの内外から熱い注目を集める人気バンドGalileo Galilei。


3月11日にリリースするニューシングル『恋の寿命』のミュージックビデオのフルコーラスバージョンを、自身の公式チャンネルにて、バレンタインデー24時間限定で公開中だ。



今回のミュージックビデオは、世界で活躍するカナダ出身の撮影監督オリバー・ミラーとのコラボレーションによる作品。尾崎雄貴(Vo.&Gu.)の熱烈なラブコールにより実現した今回のコラボレーションについてオリバーは「僕はGalileo Galileiが大好きで、特にこの曲には特別な想いを寄せている。初めてこの曲を聴かせてもらった時、今まで自分の頭の中にあったアイディアやイメージがストーリーとして湧き出てきた。自分に大きなインスピレーションを与えてくれる曲なんだ」とコメント。

今回の楽曲の “変わっていくこと、忘れてしまうことへの不安”というテーマを、主演の“柿木アミナ”と“Shun”の瑞々しい存在感とオリバーの圧倒的な映像美で見事に表現した作品となっている。

この『恋の寿命』は、人気TVアニメ「まじっく快斗1412」の新エンディングテーマとしても話題を集めている作品で、3月11日のCDリリースに先駆けて、着うた(R)・アニメサイズ着うたフル(R)が先行配信中とのことなので、そちらもあわせてチェックしてほしい。

■オリバー・ミラーコメント
僕にとって音楽とはインスピレーションになるもので、自分の作品作りにおいても大切な要素なんだ。だから、ミュージックビデオを手掛けるのはすごく楽しい。僕はGalileo Galileiが大好きで、特にこの曲には特別な想いを寄せている。初めてこの曲を聴かせてもらった時、今まで自分の頭の中にあったアイディアやイメージがストーリーとして湧き出てきた。自分に大きなインスピレーションを与えてくれる曲なんだ。

■柿木アミナコメント
初めてこの曲を聞いた時から大好きになったので、ミュージックビデオに出演できて嬉しかったです!スタッフの皆さん、Galileo Galileiの皆さんのおかげでとても楽しい撮影でした。そのシーンもとても思い出深いので是非見てください!

■Shunコメント
初めて曲を聞いた時、“ドキドキするような恋がしたいな”と思いました。ミュージックビデオが完成し、映像と合わせて見てみて“魂だって叩き売ったっていいんだ”という歌詞が心に残り、勇気を出して一歩踏み出そうという気持ちになりました。撮影は、オリバー監督からこんな感じと設定を伝えられカメラを意識させず自由に動いていいよという感じの撮影で、初めての経験だったのでとても新鮮で楽しかったです。
(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・A-1 Pictures 2014

【クリック】・Galileo Galilei聞いたことないの?


この記事の画像一覧