海外から熱視線 和楽器バンド台湾公演3分で即完

J-POP 公開日:2015/02/07 2
この記事を
クリップ
}/

和楽器バンドがデビュー1周年記念、そして「WORLDPROJECT 第1弾」と題し、台北・ATT Show Boxで開催する台湾公演のチケット販売が昨日よりスタートしたが、現地での予定枚数がわずか3分で完売し、早くも追加公演を望む声が高まっている。


和楽器バンドは昨年7月にフランスのパリで行われた「JAPAN EXPO 2014」に出演し、4000人を超える動員を記録したが、海外での単独公演は今回が初めて。



昨年発売されたデビューアルバム『ボカロ三昧』の台湾盤は、新人J-POPアーティストの中で売り上げNo.1を記録し、KKBOXストリーミング数においても週間ランキング最高3位、4か月連続でJ-POPアルバムランキング20位以内にランクインしていた。

詩吟、和楽器とロックバンドを融合させた、新感覚ロックエンタテインメントバンド。彼らの「日本人にしか表現出来ない音楽エンタテインメントを伝えたい」という想いは今、海外から熱い視線を集めている。

☆和楽器バンド聴くなら!【クリック】


この記事の画像一覧