中森明菜カバーアルバム最新作でEXILE歌う

J-POP 公開日:2015/01/10 6
この記事を
クリップ
}/

昨年末「第65回NHK紅白歌合戦」に出演し、久々に元気な姿を見せた中森明菜。


新曲『Rojo -Tierra-』がテレビで初披露されると大きな反響を呼び、昨日1月9日に放送されたNHK「中森明菜 歌姫復活」では完全復活を見せ、番組を見た視聴者から「明菜、かわいい!もっと新曲を聴きたかった」「歌われている言葉が胸に響いてくる」「素晴らしい歌声だった。アルバムが楽しみ!」などの声が寄せられており、これからリリースされるオリジナルシングルカヴァーアルバムに好意的な反応を見せていた。



そんな中森明菜の大ヒットカヴァー企画「歌姫」シリーズの最新作『歌姫4 -My Eggs Benedict-』(1月28日リリース)から『スタンダード・ナンバー』『長い間』の2曲が本日1月10日から一足早く配信が開始された。

シリーズ累計150万枚以上の売上を誇るカヴァーシリーズ<歌姫>の最新作、今作のコンセプトは「ザ・ラブソング」70年代後半~2000年の名曲が選曲されており、原曲の素晴らしさに引けを取らない、強い歌心が響きわたる明菜ワールド全開のラブソング集になっている。このコンセプトを、1枚のお皿を愛らしく彩る対の”エッグ・ベネディクト“になぞらえ、よりイメージが膨らむタイトルとなっている。優雅なサウンドアレンジが特徴的でこれぞ“歌姫明菜、復活”といえる作品だ。

【CD収録曲】
01. スタンダード・ナンバー
02. 真夜中のドア ~stay with me
03. Lovers Again
04. 長い間
05. ハナミズキ
06. 愛のうた
07. fragile
08. 接吻
09. そして僕は途方に暮れる
10. やさしいキスをして
11. 雪の華
【DVD】
「歌姫4」メイキング映像


この記事の画像一覧