Superfly「静から動」躍動感あふれるMVが完成

J-POP 公開日:2014/11/06 3
この記事を
クリップ
}/

Superflyの新曲『愛をからだに吹き込んで』のミュージックビデオが完成した。


今回の楽曲は「誰よりもたくましく、誰よりも優しい。そんな女性像をイメージして作りました。」と本人が語るように、MVでも女性らしい力強さとしなやかさを表現している。

壁にかけられた布や衣装には柄がふんだんに使われ、柄の背景に柄の人物、そこに熱いパフォーマンスが注入されより激しさを演出し、「自分自身の限界から抜け出して行く」というメッセージをビジュアルとして表現している。





そして、テーマは「静から動」。日常では平穏な時間の中に訪れる「突然」をダンスの振り付けで表現した。

また、楽曲のイメージ「躍動感」「ダイナミックさ」を表現するためにリンディーホップというダンスの要素(振り付け)を取り入れた。リンディーホップはアメリカで1920年代から30年代にかけて流行ったダンスで、身体を弾ませるようにリズムを取ったり、早いスピードで互いに近づいたり離れたりするようなな動きをするのが特徴。

激しいダンスと激しい志帆のパフォーマンスが交互に映し出され、思わず息の飲んで見入ってしまうMVとなっている。

Superfly聴くなら断然ドワンゴで


この記事の画像一覧