DJ KOOへのバラエティ番組オファーが止まらない理由

J-POP 公開日:2014/10/15 2
この記事を
クリップ
}/

昨今、バラエティ番組を見ているとよく見るタレントにTRF・DJ KOOの名前が確実に上がる。2014年のTV番組出演本数ランキングに食い込むはずである。それほどバラエティ番組への出演が著しい。


今月もフジテレビ「ペケポン」、TBS「オールスター感謝祭 ‘14秋」と大人気バラエティ番組等に出演している。avexスタッフによれば、2014年度のバラエティ番組出演回数は過去の年間出演回数と比べると数十倍にもなっているという。

この理由は何なのか。過去にDJ KOOはこんなコメントを残していたことがある。

「自分はアーティストとしてやってきたが、最近テレビの仕事をやらせてもらうようになって感じたのは、芸人さんとかの仕事への取り組み方や必死さが、半端じゃないと感じた。これはアーティスト負けてんじゃないかと思った。だからこのテレビの仕事でも、自分はしっかり頑張ってみたい。自分もまだまだ負けていられない。」



先日放送されたCX番組「ペケポン」ではペケポン川柳のコーナーで大活躍。TBS「オールスター感謝祭」では、番組内でDJを出来たことに「オールスター感謝祭でDJが出来るなんて、本当に素晴らしい、自分の歴史の中でもかなり深く刻まれた!「現場DJである拘りと機材人生」そこからスタートして今も変わらない、それこそ大感謝。」と自身のFacebookでコメントを残している。

DJ KOOは他の演者へのリスペクト。番組についての勉強・努力。どのスタッフに対しても気配り・配慮。何よりも誰よりも感謝を忘れない。

バラエティ番組に出演している中でも、少し天然でおっちょこちょいな部分であったりはあるものの、そのひたむきな姿が視聴者に受け入れられているのではないだろうか。年末にかけてバラエティの特番は増えていく。そこに確実にDJ KOOの姿があるはずである。DJ KOOの活躍に目が離せない。

☆TRFの楽曲、いまこそ聞く!


この記事の画像一覧