小南泰葉バースデーワンマンで「胴体切断」したまま歌う

J-POP 公開日:2014/10/12 4
この記事を
クリップ
}/

10月11日(土)、渋谷のCHELSEA HOTELで、小南泰葉のバースデー企画ワンマン「恐らく来世も戦力外通告」が行われた。


この日は2回公演のライブとなっており、共にSOLD OUT。それぞれまったく違った形で満員の会場を楽しませた。

昼に開催の「UNHAPPY BIRTHDAY LIVE」と題された公演は、バンド編成のライブが行われた。『都市伝説倶楽部』のリード曲『3355411』をはじめ、この日初歌唱となったカバー曲『希望』や、新曲『蜘蛛の糸』など幅広い選曲で構成され終始会場を沸かせ続けた。



【小南泰葉奇想天外なLIVEはクリック】
※小南泰葉一度聞くとヤミツキ!

その熱量とはまったく正反対の、同日夜に開催された「UNHAPPY BIRTHDAY MAGIC」では、マジックショーが行われた。都内や横浜で活躍しているマジシャン「もっちー」をゲストに迎え、プロのマジックを目前にしたオーディエンスは拍手喝采。特に、小南泰葉が胴体切断されるマジックでは、切断された状態で歌うシーンも見られた。

いつも趣向を凝らしたライブでファンを楽しませてきた小南泰葉。次のワンマンライブでは何をしてくれるのか非常に楽しみだ。


この記事の画像一覧