HaKUの新作MVはオール・モーションタイポグラフィ

J-POP 公開日:2013/05/08 23
この記事を
クリップ
}/

HaKUの新曲「everything but the love」のMVはオール・モーションタイポグラフィで構成。


タイポグラフィの第一人者であり日本を代表するデザイナーの大原大次郎と、映像・音楽・グラフィック・プログラミングと幅広い分野で活躍する注目のクリエイター集団「TYMOTE(ティモテ)」の井口皓太がタッグを組み、画期的なMVが完成。
大原大二郎による「書道」にも近いタイポグラフィを、TYMOTEが強みとしている3Dモーショングラフィックスで掛け合わせた結果、「歌詞が浮遊する世界を駆けまわる」という独特のMVができた。
HaKUのアグレッシブで独特の言い回しの歌詞世界を閃光のようなスピード感と、エッジの効いた黒一色のオブジェクトにより音と言葉が持つ強さや豊かさを最大限に表している。
また、本作のトータルディレクションとCDジャケットのデザインを、今最注目のソーシャルTV局2.5Dのクリエイティブディレクションを手掛ける「ANSWR」がまとめあげ、
本MVの文字が次の文字に変形する途中のオブジェクトをグラフィカルにコラージュしている。




---------------------------------------------------------------------------
●2013.06.05 mini album「wonderland」6曲収録/\1,800
HaKU「everything but the love」MV
http://www.youtube.com/watch?v=vx6QyoJGv1g

この記事の画像一覧