一青窈、リリックビデオ完成の為 家族写真を募集

J-POP 公開日:2014/10/03 27
この記事を
クリップ
}/

10月22日に発売される一青窈の2年4ヶ月ぶりの最新アルバム『私重奏』。


この夏一世風靡したドラマ「昼顏」主題歌でロングヒット中の『他人の関係 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS 』が収録されている他、今作は“家族”がアルバムの重要なテーマになっているという。

新曲『パパママ』は、亡き両親への想いが純粋に書き綴られた楽曲。作詩は一青窈、そして作曲を手掛けたのは岸谷香。プリンセスプリンセスの名曲『M』を彷彿とさせる、切なさと温かさのある楽曲だ。





8歳の時に父、高校生の時に母をともに病気で亡くした一青窈。10年以上の歌手キャリアの中で、家族の事を歌うのはあえて避けていた時期があったというが、今は心境に変化が生まれているようだ。今の自分の感覚や生み出す詩は、亡き両親、そして姉、この4人家族で育くまれた事を再認識したと語る。

そんな気持ちからなのか、アルバムのキャッチとして添えられている文章は、「神様 なぜ 人は死ぬのでしょう さよならをちゃんと言えるため 誰かを愛してること忘れないため 一青窈」と書かれている。

だが、『パパママ』は、詩の内容からは想像出来ない程明るい楽曲に仕上がっている。それは前向きな気持ちの中で亡き両親に対するメッセージを綴ったからなのかもしれない。

また、今回公開されたリリックビデオは、なんと実際に幼少時代の一青窈と両親の写真が使用されている。しかし、実はまだ完成していないという。リリックビデオの完成に向け、映像に使用される家族写真の募集キャンペーンも同時にスタートした。

あなたの大切な家族写真が、この曲と共に素敵な一青窈オフィシャル映像になるようなので、是非「パパママ」キャンペーンに参加してみてはいかがだろうか。詳細は応募フォームやオフィシャルHPをチェックしてみよう。

☆一青窈聴くなら【クリック】☆


この記事の画像一覧