絢香「歌チカラ」感じる初のアコースティックライヴツアー

J-POP 公開日:2014/08/24 25
この記事を
クリップ
}/

8月22日、絢香自身初の試みとなるアコースティックライヴツアー「にじいろAcoustic Live Tour 2014~3-STAR RAW~」が埼玉県三郷市文化会館からスタートした。


今回のツアーはタイトル通り、絢香含めギターとピアノのたった3人の編成。しかし、とても3人しかいないとは思えない、「アコースティックライブ」の想像を遥かに超えたライブを披露。正に絢香の唯一無二の〝歌チカラ″を感じられるステージだった。



絢香本人も「3人でしか作れない、このツアーでしか生まれない音を楽しんでください」とコメントし、このライブに込めた想いをファンに伝えた。

ライブではNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」主題歌の最新シングル曲『にじいろ』も披露された。イントロが始まると、会場はオールスタンディングで手拍子、観客と絢香との大合唱となり一体感で温かい感動の空気に包まれた。

また、ライブ中のMCではツアーの追加公演発表の嬉しいサプライズがあった。絢香ツアー史上最少編成で始まったアコースティックツアーから一転、大阪城ホール、日本武道館での追加公演はストリングス17名+パーカッション1名を迎えた絢香ツアー史上最多編成からなる超豪華スペシャルライブとなる。

公式Twitter出来ました!今一番伸びている音楽サイトはココ!
→@dwangojpnews


この記事の画像一覧