吉岡里帆主演 火9ドラマ初回放送受け、オープニングに絶賛の声

J-POP 公開日:2018/07/18 23
この記事を
クリップ
}/

吉岡里帆が主演を務めるフジテレビ系火9ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」生活保護現場を舞台に、お金、健康、仕事、家族…と、誰にとっても身近なテーマを巡る色とりどりの人生模様を、時に明るく、時に切なく描くヒューマンお仕事ドラマ。この夏大注目の、そんなドラマが7/17(火)~遂に放送スタートした。

この新ドラマのオープニングテーマを務めるのが、デビューして以降、ドラマ・CM・アニメ等、数々のタイアップを担当し、「第57回輝く!日本レコード大賞」新人賞も受賞する等、多くのヒット作を生んできた女性シンガー・安田レイの『Sunny』。




そんな安田レイは、約3年ぶりにドラマタイアップ曲を担当するとあって、柏木ハルコ氏の原作マンガを読んで、思いに思いを込めて作詞したという。

この新曲『Sunny』のオープニング映像が、ドラマの初回放送を受けて、早くも話題になっている。放送を受け、SNS上では「さわやか!! OP見るの楽しみすぎ!!」「オープニング可愛すぎる!」「OPバッチリ聞けた!最高!!」「オープニングはヘビロテ致します!」「レイちゃんの曲流れた~!CD絶対買うっっ」等、オープニングを絶賛する声が多く寄せられているのだ。

安田レイ『Sunny』は、2018年8月22日(水)10thシングルとして発売が決定しており、CDの発売に先駆け、8月14日(火)~先行フル配信もスタートされる。話題の夏ドラマを、爽快感溢れ鮮やかに彩る安田レイの『Sunny』、ぜひとも注目していきたい。

安田レイ コメント>
主人公の義経えみるはたくさん共感する部分があって、なんだか自分の人生を客観的に見てるような、不思議な感覚に、何度もドキッとさせられました。彼女の目線で、日常の葛藤や不安を言葉にしてみました。“誰かのために何かしたい”。このとってもピュアで美しい気持ちは、その反面実行するのはとても難しいことなんだと思います。人の心はとても複雑で、繊細で、きっと難しいからこそ、気持ちが届いた時にものすごく嬉しかったり、また次も頑張ろうと思えるのかもしれない。そんな気持ちで「Sunny」という作品を作りました。

この記事の画像一覧