鈴木愛理、ソロ初武道館に10,000人「贅沢なことにここがスタートライン」

J-POP 公開日:2018/07/09 56
この記事を
クリップ
}/

ハロー!プロジェクトのアイドルユニット℃-uteのメンバーで、2017年6月に解散した後はソロアーティストとして始動。今年6月にアルバム『Do me a favor』をリリースしソロデビューを果たした鈴木愛理が、9日日本武道館で単独コンサートを実現、10,000人を熱狂させた。当日は日本国内のみならず、香港・台湾でもライブビューイングも行われた。

会場には男性はもちろん、女性や、カップル、子供連れなど幅広いファン、そして15年間活動をともにした℃-ute元メンバーも駆け付け、記念すべき愛理の“初武道館”を見届けようと集まった。ソロデビューアルバム『Do me a favor』を中心に、℃-ute時代のナンバー、また別ユニットBuono!のナンバー、アンコールでは鈴木のソロナンバーも披露され、メロメロの笑顔とクールなダンスなど、愛理の魅力が溢れ出る全22曲を歌い切り大成功を収めた。

またファッションモデルとしても人気の鈴木らしく、衣装13変化を披露。1曲目から9曲目まで、曲ごとに早着替えするという離れ業をやってのけ、大いに沸いた。




VTRでテンポよくコミュニケーションを取ったり、ファンがジェット風船を飛ばすなど、終始和気あいあいなハッピーな空気が流れ、愛理とファンの仲睦まじさが大いに感じられる多幸感満載のステージだった。

アンコールのMCで鈴木は「ソロシンガーになってからの鈴木の裏テーマが”カメレオン”なんです。色んな色に染まって行きながら、色んな部分を見せながら、みなさんのことを元気にしていきたいなと思ってこの裏テーマにしました。アルバム『Do me a favor』は、ダンスナンバー半分、バンドナンバーも半分収録されているのですが、今回この武道館で両方初めてお見せしました。もう”鈴木愛理の全貌明らかに!”ていうライブが今日この時間だったわけです。なのでカメレオンっぽい形を13変化で表現させてもらいました。楽しかったですか―!!」とにっこり。

さらに「鈴木ポジティブなんですよ!ポジティブの伝道師って自分で言ってるんですけど、何か分かんないけど鈴木のファンの人ってネガティブな人めっちゃ多いの(笑)、ほんと困っちゃう!だからみなさん、笑顔が作れなくなった時とか、どうしても辛くて”明日なんか来なかったらいいのに”とか、そういう時は鈴木のライブで楽しんでほしいなと思います。今日初めての武道館ですが、贅沢なことにここがスタートラインと思っているので、これからもよろしくお願いします」とメッセージを贈った。

関連タグ