「こんなグループ他にいない!」フェアリーズ2ndアルバムが好スタート

J-POP 公開日:2018/06/22 51
この記事を
クリップ
}/

5人組ガールズダンス&ボーカルグループ、フェアリーズが6月20日にリリースしたセカンドアルバム『JUKEBOX』が好評だ。
 
リリース初日のオリコンデイリーアルバムランキングは3位でのスタート。同じくこのタイミングから配信されたアルバム収録の新曲『Bangin’』『Fashionable』『ALIVE』はiTunes のトップミュージックビデオで3曲同時すべてベスト10内にランクインするなど、好調なセールスを記録している。




今作は彼女たちにとっては約4年ぶりのアルバムリリースとなる。5月よりYouTubeで段階的に1曲ずつ解禁されてきた新曲のMVも、曲ごとに違った彼女たちの魅力をアピールしていて、「カッコイイ! 可愛い! クール! そしてダンスも唄もハイレベル。こんなグループ他にいない!」と前評判も高かった。SNS上などでもアルバムを聴いたリスナーからは、あらためて歌唱力、ダンスはもちろん、その幅の広い作品性やヴィジュアル偏差値の高さが評価されている様子がうかがえる。

フェアリーズが所属するのはライジングプロダクション。そう、今話題の『U.S.A.』を唄うDA PUMPは彼女らの先輩だ。最近では荻野目洋子や三浦大知も世間から多くの脚光をあびている実力派揃いのアーティストを擁する事務所だ。そんな諸先輩に続けとばかりにまずは好スタートを切ったフェアリーズの今回のアルバム。どこまでセールスを伸ばしていけるか注目だ。

6月24日(日)は、現在このアルバムと連動して展開中の全国ツアー「フェアリーズLIVE TOUR 2018~JUKEBOX~」の最終公演を自身最大キャパのTOKYO DOME CITY HALLで開催する。ライブパフォーマンスにも定評のあるフェアリーズ。今注目すべきは彼女たちだ。

この記事の画像一覧