C&K、波瑠主演ドラマ「サバイバル・ウェディング」の主題歌に決定

J-POP 公開日:2018/06/14 46
この記事を
クリップ
}/

CLIEVYとKEENからなる2018年デビュー10周年を迎えた男性二人組シンガーソングライターユニットC&Kが、日本テレビ系7月スタートの新土曜ドラマ「サバイバル・ウェディング」(毎週土曜よる10:00~)の主題歌を担当することが決定した。





同ドラマは、大橋弘祐氏による小説「SURVIVAL WEDDING(サバイバル・ウェディング)」が原作。波瑠演じる主人公・黒木さやかが、勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまうが、そんな彼女を「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で人気雑誌の毒舌・ナルシストな伊勢谷友介演じる敏腕編集長・宇佐美博人が復職させる。見どころは、宇佐美が提案する斬新な恋愛戦略。海外有名ブランドのマーケティング手法を恋愛に応用し、さやかの市場価値を、ハイブランドのように高めるための恋愛テクニックを伝授していく。傍若無人な編集長に振り回されて反発しながら、恋に仕事に全力で立ち向かう痛快コメディだ。

主演を務める波瑠に加え、吉沢亮高橋メアリージュンブルゾンちえみ、前野朋哉、小越勇輝、奈緒、石田ニコル、ついひじ杏奈、山根和馬、風間俊介、須藤理彩、野間口徹、生瀬勝久、財前直見、荒川良々、伊勢谷友介と豪華な出演者で早くも話題となっている作品。

今回主題歌に大抜擢されたC&Kの『ドラマ』は、原作を読んで書き下ろした渾身の作品で、“いろいろあるけど元気にいこう”という頑張っている全ての人に向けた疾走感のある楽曲。主人公・黒木さやかが周りの人に振り回されながらも全力で突き進むドラマにマッチした一曲となっている。

さらに、この「サバイバル・ウェディング」主題歌『ドラマ』が8月15日(水)に発売されることも合わせて発表となった。そして、明日6月15日(金)にはJ-WAVE(81.3FM)「JK RADIO TOKYO UNITED」番組内で楽曲フル尺初OAも決定している。6月16日から19都市22公演からなる全国ホールツアー、そして”C&K結成の地”となる横浜で11月20日(火)に横浜アリーナでのワンマンライブも発表している。2018年はデビュー「10周年」をテーマに活動をしていく。アニバーサリーイヤーとなる期待の新人10年目C&Kの今後の活動に目が離せない。

1/2ページ

この記事の画像一覧