りゅうちぇる "RYUCHELL"としてアーティスト活動を始動

J-POP 公開日:2018/02/14 1
この記事を
クリップ

タレントのりゅうちぇるが、“RYUCHELL”として新たにアーティスト活動を始動することを発表した。



「自分の色を取り戻そう。」“誰もが持っている個性(色)を、隠したり偽ったりせず大切にしてほしい”、そんなRYUCHELLの経験から生まれた思いにより、このプロジェクトが始動。「運良く、テレビに出て自分の意見を発信できる立場になれたからこそ、みんなを笑わせる存在だけでなく、自分の体験をしっかり伝えることで誰かが元気になるきっかけになりたい。」そんな爆発的に強い思いを、RYUCHELLならではのファッションやヘアメイク含めた世界観で伝える作品が完成した。

本日より配信リリースのデビュー曲『Hands up!! If you’re Awesome』は、作曲を「水曜日のカンパネラ」メンバーのケンモチヒデフミが担当し、80年代~90年代の世界観を彷彿とさせるサウンドが特徴的で、歌詞はRYUCHELLがずっとノートに書き溜めていた詞をベースに制作されており、RYUCHELLのメッセージと個性が見事に融合した楽曲となっている。

ミュージックビデオ&ビジュアルは、ファレル・ウィリアムス『It girl』の ミュージックビデオも手掛けたファンタジスタ歌磨呂、ダンスディレクションは三浦大知をはじめ様々なアーティストのミュージックビデオやライブを手掛けるSHOTA、振り付けは、マドンナのワールドツアーに出演するなど世界で活躍するBambiが担当。最強のクリエイター陣に支えられながら、RYUCHELL自身が企画コンテを作成し、全体の世界観からカメラワークに至るまで、全てのディティールを自らディレクションしており、彼の細かなこだわりが随所に込められた作品になっている。

グラフィティが描かれたセットの中で繰り広げられるミュージックビデオは、自分の色が無い状態(白い衣装)からフェンスを飛び越え、カラフルな衣装で表現された華やかなシーンに変化していく構成となっており、全編を通じて“自分の中にある色を取り戻して、自分らしく生きていこう”というメッセージが込められている。

そして今回のミュージックビデオでは、L.A発のプロフェッショナル仕様のメイクアップブランド「NYX Professional Makeup(ニックス プロフェッショナル メイクアップ)」と共に創り上げられた、80年代~90年代にタイプスリップしたようなメイクアップも見所だ。NYX Professional Makeupは、世界最大の仏化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社から、3月16日(金)に日本第一号店となる旗艦店を東急プラザ表参道原宿店3階にオープンするメイクアップブランド。NYX Professional Makeupのコンセプトである“メイクを通してクリエイティブに自由に自分を表現する”と、RYUCHELLが伝えたいメッセージがリンクしたことで、今回のコラボレーションが実現した。メイクアップのディレクションもRYUCHELL本人が行い、自身はもとより、ダンサーのカラフルなメイクアップもNYX Professional Makeupのプロダクトを使用して、細部にまでこだわった仕上がりとなっている。ぜひ注目してみよう。

常に新たな方法でメッセージを発信し続ける、RYUCHELLの活動から今後も目が離せない。

RYUCHELL コメント>
この度『Hands up!! If you're Awesome』が2/14に配信されました。
1年前からデビューの準備を始めて、ようやく皆さんに報告させていただけてすごく嬉しいのと、不安な気持ちもいっぱいです。
この曲も、そしてこれから続いていく曲も、自分らしくこだわった歌を届けられるように、聞いてくださったみなさんにとって自分らしい自分で、キラキラと明日を迎えられるようなきっかけ作りが「RYUCHELL」で出来るように頑張ります。
これから応援よろしくお願いいたします。

<作曲:ケンモチヒデフミ コメント>
りゅうちぇる』が、シンガーとしてデビュー。それは、「TVタレントが歌ってみいました~」みたいな軽いノリではなく、誠心誠意こだわりぬかれた壮大なプロジェクトでした。
彼の歌うことへのヤル気は凄まじく、やりたいこと、伝えたいメッセージなどなど、出会った初日から熱く語りかけられたのを覚えています。また80's-90'sのポップスについてもとても詳しくて、そのこだわりは随所にちりばめられています。こちらが逆に勉強させられることもしばしば。
彼のそうした熱い思いと、大好きな80'sミュージック、持ち前のポジティブなエネルギーが合わさって、今回の曲が完成しました。普段テレビで見るりゅうちぇるとはまた違った『RYUCHELL』の魅力を感じていただけるのではないかと思います!

<ミュージックビデオ&ビジュアル:ファンタジスタ歌磨呂 コメント>
今回、りゅうちぇる、改め「RYUCHELL」の、シンガーとしての第一歩という大きなプロジェクトのクリエイティブを一任させていただいた事、大変光栄な気持ちです。ありがとうございます!
りゅうちぇるのポジティブメッセージが、これからもっともっと大きくこの世界に広がることを願いながら、アートワークの制作に打ち込んで来ました。
当初、このプロジェクトにお誘いいただいた時に思ったこと、それは、タレントとして売れて、そしてシンガーとしてデビューするという、よくある一連のタレントさんのレール的な大人側の流れというものなのかなあ、と、正直のところ、あまり気持ちが乗らない状態でした。そして、企画会議に参加した時、りゅうちぇるにどうして歌を歌うことになったのか、聞いたんです。彼は、こう言いました。「テレビや、ソーシャルネットワークというメディアだけではなく、もっともっと強く、たくさんの人の心に、自分の信じる思いを伝えたい。だから歌を歌おうと思ったんです」と。彼が歌を歌うと決意したのだと、彼の言葉を聞いたその時、強く、心を打たれました。彼の気持ちにどうにか応えたいと思いました。応援したいと思いました。最強の神輿をかつぎたい!記録係の一人として、僕にできることを全うしよう、そう決心しました。
これから、僕らのこの世界に、新たなRYUCHELL WORLDが広がり続けることを願いながら、その爆発的な瞬間が訪れることを、心待ちにしています。NYという孤独な街に身を据えてから4年弱、毎日泣きべそかいて僕も戦い続けていますが、りゅうちぇるの熱いメッセージに、たくさん勇気をもらいました。ありがとう!RYUCHELL!!!!!!!さらなる飛躍を、楽しみにしているよ!「Welcome to the RYUCHELL World!!!!」
Fantasista Utamaro
2018 冬 NY ブルックリンのアトリエにて

この記事の画像一覧