安室奈美恵紅白ラストステージ 感極まるも笑顔で「バイバイ」

J-POP 公開日:2018/01/01 11
この記事を
クリップ
}/

2018年の9月16日、デビュー25年を節目に引退を表明している安室奈美恵が、第68回 NHK 紅白歌合戦に特別出演した。

壮大なセットが組まれたスタジオに総合司会の内村光良が呼びかけると、会場から悲鳴にも似た歓声が沸く。全身真っ白なドレス姿で佇む安室が姿を現す。「きょうは紅白にお越しいただきありがとうございます」と内村の言葉に「ありがとうございます」と笑顔を見せる。





25年間を振り返り「いろいろ経験させていただいて、充実した25年間になったなと思っています」とコメント、紅白最後のステージで歌う『Hero』については「この歌は目標に向かっている方たちのために作っていただいた楽曲になります。自分自身もすごくこの曲に励まされいてます」と話した。内村は「日本中がいまテレビに釘付けになっています」と期待を寄せると、手をぱたぱたさせて緊張の表情を見せる安室。「いつも応援ありがとうございます。来年の9月に私は引退いたします。わたしらしく引退の日を迎えたいと思っておりますので、応援よろしくお願いいたします」とファンにメッセージを贈り、『Hero』を熱唱。その姿はいつの時代も先頭に立ちけん引してきた”歌姫”そのものだった。

歌い終わった安室は感極まり泣き顔になりながらも、キラキラの笑顔を見せこちらに手を振り、別れを惜しんだ。内村は「うわああ…イモト(アヤコ)よ安室ちゃんはやっぱりカッコ良かったよ!」と感無量に。有村架純も目頭を熱くし、胸がいっぱいのようすだった。

NHKは、以前放送し好評だった特集番組「安室奈美恵『告白』」を、1月8日(月・祝)午前0:10から、再放送することを発表している。また安室のラストツアーでは、2018年2月27日(火)福岡ヤフオク!ドーム、4月15日(日)札幌ドームの2公演の追加も発表されている。

この記事の画像一覧

関連タグ