安室奈美恵のレコーディングに初めてカメラが潜入 貴重なシーン満載

J-POP 公開日:2017/12/14 6
この記事を
クリップ
}/

今回Huluの密着カメラが、初めて安室奈美恵のレコーディングスタジオに入ることを許された。

“Finally”のレコーディングでは、多くを語らず、曲の世界に入り込んで“Finally”を歌いあげていく。インタビューでは、「アルバム52曲の選曲について」の質問からスタートした。





「52曲の選曲理由」については、92年から今まで、毎年リリースされた曲の中から各年1曲ずつピックアップするところから始めたという。
手に取ったファンの方が好きな曲順で聞いて欲しいと思っている。と語る。

また、「39曲を再レコーディングしたこと」について、『SWEET 19 BLUES』『CAN YOU CELEBRATE?』は、当時歌っていた自分の声と今、レコーディングし直した自分との違いを楽しんで欲しい。デビュー曲からの3曲は「ハツラツと頑張って歌った。」と笑う。そうやって歌っても、デビュー当時と今の自分は絶対に違うからそこも楽しんで聞いてもらいたい。と語った。

「“Finally”に込めた思い」についての質問には、数年前から最後のアルバムに入る曲として決めていた。日本テレビ NEWS ZEROのテーマ曲となったので、一日の終わりに聞いて前向きに、明日も頑張ろうと思える歌詞にした。また、“Finally”というのは、自分の引退と結び付く楽曲。引退自体も次に進むための通過点であり、前向きな気持ち。そのため、頭を真っ白にして歌った。そうしないと、涙がでちゃうから・・・。と心境を語った。

密着取材だからこそ映し出される意外な素顔が垣間みえる「Documentary of Namie Amuro “Finally”」エピソード3は12月16日(土)~Huluで独占配信開始。

この記事の画像一覧

関連タグ