アシカも祝福 DISH//橘柊生が生誕祭で22歳の誓い

J-POP 公開日:2017/10/15 14
この記事を
クリップ
}/

DISH//橘柊生 生誕祭「FM101.22」が10月15日(日)日テレらんらんホールで行われた。

日曜午後にお送りする、のんびり楽しめる生放送というコンセプトだった2017年の生誕祭。普段からラジオのMCとしても活躍中の柊生らしくラジオブース風のセットとDJブースが置かれたステージに柊生が登場すると大歓声で迎えられ、バースデーの祝福ムードに包まれたスタートとなった。





ラジオブース風のステージに迎え入れられた最初のゲストはDISH//にも多くの楽曲を提供しているシンガーソングライターの岡部波音。その後のトークでは岡部が思い入れのある5曲を発表。『ピーターパンシンドローム』『TENKOUSEI』『東京VIBRATION』『HipPopCorn』『Loop.』
が紹介され当時のデモ音源も初公開された。最後に、2人が共作した『Loop.』をテレながらも2人で歌唱。柊生の作家、ミュージシャンとしての一面が改めて垣間見れたコーナーとなった。

続いて、登場したゲストはオテンキののり。のりからは地元で採れたというお米のプレゼントが。のりとのコーナーではラジオMCの先輩のりの生放送中に起こった信じられないハプニングが紹介され会場は大爆笑の渦に。

最後のライブコーナーでは柊生のピアノの先生、三橋先生ピアノに合わせてカバーを含めた3曲を立て続けに歌唱。歌いながら感きわまるシーンも。

ここで終わりと思いきや、今日参加できずとなった愛犬の「ロニィ」に代わり、最後にサプライズゲストとしてアシカの「めぐちゃん」が登場。
祝福も受けつつ、生誕祭でしか見れない柊生が存分に披露されたイベントとなった。

柊生22歳になっての目標「相変わらず明るく元気に、でも今年は『いい男』に近付けるように、カッコいい一面を見せていきたいと思います!!」

この記事の画像一覧

関連タグ